サイトマップ ◆  ホームお気に入り時計



こんにちは!マニアの館 常葉堂 (まにあのやかた ときわどう)ホームページ管理人の「はちみつくまちゃん」という者です。絶版漫画のコレクターをしております。
学生時代にいい時計を買ったのですが汗で駄目にしてトラウマになりました。最近、ファッションの一部として買い始めました。
時計で何を買ったらいいか悩んでいるあなたにおすすめのブランドは → こちら
ちなみにおすすめ時計やコレクションなど マニアの館 常葉堂 に掲載されている画像は私物(コレクション)ですが、お譲りすることはできませんのでご了承ください。マニアの館 常葉堂 はおすすめ時計を紹介しているだけで販売はしていません。

お気に入り時計

私のお気に入り時計を紹介します。私の趣味で買ったのに何となく統一性がありません!?


【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「ラウンド型2針式時計」(UNIVERSAL GENEVE)

【外寸】縦36×横31(竜頭含まず)×厚さ5、ラグ幅16(mm)
【ムーブメント】クオーツ
【備考】デッドストック
1980年代のユニバーサルジュネーブの時計がデッドストックで売っていたので買いました。最初は使うつもりで購入したのですがなんとなく使いにくいのでコレクションに…
ベゼルが凝った造りになっていてシンプルながら高級感のあるデザインになっています。定価と思われる値札が付いていて当時の物価から考えるとこの時計は間違いなく高級時計ということになります。所持しているユニバーサルジュネーブの時計はクオーツばかりなので今度は機械式の時計が欲しいです。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「Pointer date」(ORIS)

【外寸】縦41×横34(竜頭含まず)×厚さ10、ラグ幅18(mm)
【ムーブメント】自動巻き(17石)
【備考】ベルトは非オリジナル
機械式時計に拘る腕時計メーカー「オリス」のポインターデイトです。ポインターデイトとは文字盤の日付けの数字を専用の針で指し示すカレンダー機構のことです。
オリスはこのポインターデイト機構の時計を数多く発表しています。残念ながらオリスのもうひとつの特徴であるビッグクラウン(大型竜頭)はこの時計には採用されていません。裏側がスケルトンになっていて中の機械の様子がわかるのはいいと思います。文字盤はギョウシェ彫りが施されており高級感があります。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「キングセイコー」(セイコー)

【外寸】縦52×横35(竜頭含まず)×厚さ10、ラグ幅18(mm)
【ムーブメント】手巻き(25石)
【備考】ベルト、尾錠は非オリジナル(尾錠は純正)
一見すると普通のセイコーの腕時計に見えるかもしれませんが「キングセイコー」は実用時計の最高峰であり当時はグランドセイコーと双璧の存在でした。
俗に言う「セイコースタイル」と呼ばれる形状の時計です。アンティークウォッチ的な表現では44KSと呼ばれる型式の時計で亀戸工場(第二精工舎、現:セイコー電子工業)で製造されています。裏蓋のメダリオンは腐食しやすいのですが綺麗に残っています。実用時計の最高峰らしく過度な宝飾もなく地味な見た目をしていますが精度は最高峰です。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「セイコー5」(セイコー)

【外寸】縦46×横38(竜頭含まず)×厚さ10、ラグ幅18(mm)
【ムーブメント】自動巻き(21石)
【備考】海外モデル
普段使い用の時計が革ベルトなため夏期の普段使い用の時計として金属バンドの時計を購入しました。それがこのセイコー5です。シンプルながら凝ったデザインをしています。
セイコー5は文字盤の種類がたくさんあるのでネットで調べて一番気に入った文字盤のデザインは実はこのセイコー5の文字盤です。偶然見かけたので即買いしました。文字盤は濃紺なのですが光の加減で紺色や青色になります。ギョウシェ彫りにアップライトしたように見えますが実は単なる印刷です。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「プレシジョン・スーパー」(タカノ)

【外寸】縦40×横29(竜頭含まず)×厚さ10、ラグ幅20(mm)
【ムーブメント】手巻き(19石)
【備考】竜頭、ベルト、尾錠は非オリジナル
1957年9月から1962年8月にリコーの傘下に入るまでの4年11ヶ月間のみ腕時計を製造していた幻のメーカー「タカノ」。その中でも現存数が少ない角型ケースの腕時計です。
製造が終了してから50年以上経っていますが実際は言うほど「幻」ではないです。もちろん数が増えていく訳ではないので入手は年々難しくなっていくとは思います。文字盤はギョウシェ彫りが施されており高級感があります。タカノのTマークがアップライトされており知ってる人ならすぐタカノの時計とわかります。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「MARINAER SG」(CONCORD)

【外寸】縦35×横32(竜頭含まず)×厚さ5(mm)
【ムーブメント】クオーツ
【備考】
宝飾時計メーカー「コンコルド」のマリナーSGです。18K製の12角形ベゼルが印象深いスポーティーラグジュアリーの時計です。コンコルドらしく薄さも健在です。
コンコルドはスイスの時計メーカーであるがアメリカ市場で人気が高い時計メーカーです。最大の特徴はエレガントなデザインと極限まで薄くフィット感があることです。マリナーSGにはこの12角形ベゼルタイプ以外に角型タイプがありますが個人的にはインパクトの強い12角形ベゼルタイプのほうが好きです。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「Gショック」(カシオ)

【外寸】縦50×横46×厚さ15(mm)
【ムーブメント】クオーツ
【備考】
仕事用の時計として購入しました。衝撃に対する耐性は他の追随を許しません。クロノグラフ以上の機能を持ち合わせており使い勝手もいい時計です。
カシオの世界に誇る技術の集大成がこのGショックだと思います。太陽光で充電をし、電波時計なので自分で時間を合わせるなどすべての面でクオリティーが高いのですが若者向けという感じがして仕事以外では使いにくいです。ある意味、カシオのGショックは時計というよりは計算機だと思います。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「Altesse」(UNIVERSAL GENEVE)

【外寸】縦35×横30(竜頭含まず)×厚さ5、ラグ幅16(mm)
【ムーブメント】クオーツ
【備考】ベルトは非オリジナル
クオーツショックにより淘汰されてしまった名門時計メーカー「ユニバーサルジュネーブ」のアルテッセです。薄くてシンプルなデザインの2針式の時計です。
学生時代に一番最初に買った腕時計が「ユニバーサルジュネーブ」だったこともあり個人的に好きなブランドです。普段使い用の腕時計として購入したのですが秒針が無いと意外と不便であることがわかりました。それでも気に入っているので普段使い用の時計とフォーマル用の時計として活躍しています。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「DeVille」(OMEGA)

【外寸】縦32×横32(竜頭含まず)×厚さ6(mm)
【ムーブメント】クオーツ
【備考】海外モデル
日本ではロレックスと並んで絶対的なネームバリューを持つ「オメガ」。そのデヴィルラインのドレッシーな腕時計です。他のラインと比べると人気はイマイチです。
文字盤はギョウシェ彫りが施されておりシンプルで高級感が溢れるデザインが気に入って購入しました。メンテナンスの手間や価格、使い勝手を考えてクオーツにしましたがお出掛け用の時計として使っているので問題はありません。もし一生物の時計を買うことがあるのなら機械式時計を買うつもりでいます。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「セイコー5スポーツ」(セイコー)

【外寸】縦50×横44(竜頭含まず)×厚さ13、ラグ幅22(mm)
【ムーブメント】自動巻き(23石)
【備考】海外モデル
クオーツが普及したため国内では「高級時計=機械式時計」というイメージになっています。セイコー5は海外で販売されている安価な機械式時計として日本国内にもファンが多いです。
俗に言う「デカ厚」と呼ばれる大きいサイズと重厚感あふれるデザインのダイバーウォッチです。今のセイコー5は裏蓋がスケルトンになっていて中の機械が見えるので機械式時計の入門編としてはいいと思います。ただし使い勝手や精度はクオーツには敵わないことは理解した上で買うことをおすすめします。この腕時計が再び時計を買い始めるきっかけになりました。

【琴線に触れる・お気に入り時計編】
お気に入りファイル 「POLEROUTER」(UNIVERSAL GENEVE)

【外寸】縦36×横30(竜頭含まず)×厚さ6、ラグ幅17(mm)
【ムーブメント】クオーツ
【備考】ベルトは非オリジナル
今ではアンティークウォッチマニアにしかわからないであろう時計メーカー「ユニバーサルジュネーブ」。学生時代に購入し行方不明になっている腕時計に形状が酷似しています。
8角形のケースに円形のベゼルが印象に残るお洒落なデザインが気に入って購入しました。ポールルーターはユニバーサルジュネーブの中でもホワイトシャドウやコンパックスの次に人気のあるラインですがクオーツのポールルーターがあるとは思いませんでした。ちなみに学生時代に購入した時計はケースがステンレスでベゼルが金色のタイプでした。


サイトマップ ◆  ホームお気に入り時計



Copyright © マニアの館 常葉堂 All Right Reserved.