サイトマップ ◆  ホーム特撮 トップページ



こんにちは!マニアの館 常葉堂 (まにあのやかた ときわどう)ホームページ管理人の「はちみつくまちゃん」という者です。絶版漫画のコレクターをしております。
幼い頃から特撮が好きでヒーローに憧れて巨大ロボットや怪獣を格好いいと思って育ちました。近年は制作費の関係からか作品数は減っていますが絶滅して欲しくないです。
ちなみにおすすめ作品やコレクションなど マニアの館 常葉堂 に掲載されている画像は私物(コレクション)ですが、お譲りすることはできませんのでご了承ください。マニアの館 常葉堂 はおすすめ作品を紹介しているだけで販売はしていません。

特撮の館

特撮 トップページおすすめ特撮おすすめ特撮 ランキング

おすすめ特撮

私のおすすめ特撮を紹介します。私は特撮が好きですが何となく趣味が変です!?


【週刊迷作伝説・おすすめ特撮編】
おすすめファイル 「快傑ライオン丸」(ピー・プロダクション)
原作:うしおそうじ/1972年4月1日〜1973年4月7日(全54話)フジテレビ系放送

「スペクトルマン」が好評だったため「ライオンマン」という巨大ヒーロー物として企画されたものの、出来上がった作品は何故か痛快娯楽時代劇作品になってしまった。でもそれで正解!

日本征服を目指す大魔王ゴースンに師匠を殺された獅子丸は日本の平和を守るため、師匠の仇を討つために戦う話です。敵キャラ(大魔王ゴースン配下)ながらタイガージョーの人気が高く、後にライオン丸と共に大魔王ゴースンと戦って感動のラストへ向かっていきます。でも、作品の人気を支えたのはヒロインである沙織ちゃんのパンチラだと思います。

【週刊迷作伝説・おすすめ特撮編】
おすすめファイル 「宇宙鉄人キョーダイン」(東映)
原作:石森章太郎/1976年4月2日〜1977年3月11日(全48話)毎日放送、TBS系放送

ダダ星人にさらわれた2人の兄がロボットとして帰って来た!変身ヒーローというイメージだったのですが実際は身代わりのロボットであり変身している訳ではありません。

当初、メカニックに力をいれておりメカバトルが素晴らしかったが予算の関係からか残念な感じに…途中から触れなくなった「花つみの歌(くだものやさいへんちくりん)」の謎が最終話寸前で解けて話が終わってしまいます。ちなみに、特撮ヒロインとしてアニメソングの女王である堀江美都子さんが出演していることでも有名です。

【週刊迷作伝説・おすすめ特撮編】
おすすめファイル 「サンダーマスク」(東洋エージェンシー、ひろみプロ)
企画:ひろみプロ/1972年10月3日〜1973年3月27日(全26話)日本テレビ系放送

東洋エージャンシーとひろみプロで共同制作された特撮ヒーロー物です。等身大から巨大化し二段変身する特撮ヒーロー作品である。

視聴率は悪くなかったが予算超過により半年で終了しました。権利関係のトラブルから再放送やソフト化できない状態になっていますが、「脳波魔獣シンナーマン」や「放射能魔獣ゲンシロン」など権利問題とは別の要素でもソフト化を拒む問題は存在します。手塚治虫先生による漫画作品がありますがコミカライズ作品で特撮番組が原作です。



サイトマップ ◆  ホーム特撮 トップページ



Copyright © マニアの館 常葉堂 All Right Reserved.