サイトマップ ◆  ホーム少女漫画 トップページ絶版少女漫画コレクション トップページ絶版少女漫画コレクション



こんにちは!マニアの館 常葉堂 (まにあのやかた ときわどう)ホームページ管理人の「はちみつくまちゃん」という者です。絶版漫画のコレクターをしております。
私は面白いと聞けばどの分野の漫画でも読みます。もう見境いなしです!!…気付いたらものすごい漫画の数になっていました!
ちなみにおすすめ作品やコレクションなど マニアの館 常葉堂 に掲載されている画像は私物(コレクション)ですが、お譲りすることはできませんのでご了承ください。マニアの館 常葉堂 はおすすめ作品を紹介しているだけで販売はしていません。

絶版少女漫画コレクション

私の絶版少女漫画コレクションを公開します。少し節操が無い感じに見えてしまうかもしれないけれどジャンルはオールマイティーです。


あ行の作家様か行の作家様さ行の作家様た行の作家様な行の作家様

は行の作家様ま行の作家様や・ら・わ行の作家様



◆ あ行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「はだしのロリータ」青池保子(ティーンコミックス)
「エロイカより愛をこめて」「イブの息子たち」で有名な青池保子先生の初期作品です。現在の作風とは異なるが意外と初期作品はコレクターの間に人気があります。

主人公はペテン師に騙されてパリに連れて行かれ貴族の行方不明の孫娘に仕立て上げられそうになりますが実は…という話です。第2巻の巻末に「パティばんざい!」という割と長いコメディが掲載されています。作風を見る限りさらに古い作品のように感じます。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ニュートン十三世」青池保子(ティーンコミックス)
「エロイカより愛をこめて」「イブの息子たち」で有名な青池保子先生の初期作品です。少女フレンドに連載された作品です。現在とは作風が異なります。

天才のニュートンは勉強はできるけど世の中のことはまったく知らないお坊ちゃん。生き別れた母を尋ねて家出しましたがという話です。ニュートンなので発明家なのかと思ったのですがそういう話ではありませんでした。巻末にはヤングレディに掲載された「恋のバリケード」が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「プリンセス・リラ」青池保子(ジュニアコミックス)
「エロイカより愛をこめて」「イブの息子たち」で有名な青池保子先生の初期作品です。リラは小さな国の王女。窮屈なお城から抜け出したリラが見つけた幸せは…というお話です。お気に入りの作品です。

巻末には「いばるな男生徒!」という作品が掲載されています。ちなみに青池保子先生の初期作品はコレクターに人気がありますが、ほとんどの作品が「講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)」「ティーンコミックス」「ジュニアコミックス」という少女漫画難関レーベルから刊行されていてどの本も入手困難です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ラケットに約束!」原作:一ノ木アヤ/画:青池保子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「エロイカより愛をこめて」「イブの息子たち」で有名な青池保子先生の初期作品です。プロテニスプレイヤーの沢松和子さんが活躍していた頃のテニス漫画です。

若子は親に内緒でテニス部に入って活躍しますが実は母親はかつての名テニス選手で…という割とありがちな展開です。当時流行したスポ根要素は低くて恋愛にスポーツにと大忙しという感じの作品です。第2巻の巻末には「オリーブの恋」「おとなりさんおしずかに」「フランソワの場合は」という読み切り作品が収録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「怪盗こうもり男爵」飛鳥幸子(ジュニアコミックス)
根強いファンがいる飛鳥幸子先生の代表作です。怪盗こうもり男爵をめぐってベティとハニーそしてアシモフ教授が繰り広げるコメディです。怪盗こうもり男爵の正体は読んでのお楽しみということで…

軽快でテンポが良く読む者を引き込む面白い作品です。数回復刊されていますがペーパームーンコミックス版が収録作品が一番多いので読むだけならおすすめです。ちなみにこのジュニアコミックス版は収録作品が少ないうえ「恋は銀色」という関連の無い作品が掲載されています。要するにコレクターズアイテムという物です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ガラスの靴」飛鳥幸子(てんとう虫コミックス)
飛鳥幸子先生と言えばSF的要素のある作品というイメージですがこの作品は当時の少女漫画の王道であるバレエ漫画です。作家のイメージとは違っていて新鮮に感じました。

初期のてんとう虫コミックスはカバーにコーティングが無いためコンディションの良い本が少ないコレクター泣かせの本です。特に少女漫画は入手しにくいです。第3巻の巻末に「キャッシーの私生活」という読み切り作品が掲載されています。こちらの作品の方が飛鳥幸子先生らしいコメディー作品で好きです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「紳士は甘いのがお好き」飛鳥幸子(ティーンコミックス)
おてんばなジョセフィンは兄の勤める製菓会社にアルバイトにいくことになったのですが間違えて隣のライバル会社に行ってしまいそこで事件に巻き込まれてしまい…

絵を見ると女の子にしか見えないのに男に間違われるのが納得できません。しかも話の最後で女の子であることを公表してドレスを着ているジョセフィンが美人と言われているのが更に納得できません。それなら最初の時点でなぜ男に間違われているのだろう…内容は面白いだけに残念です。巻末に「黒いネメシス」という南北戦争時代のアメリカの話が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「そよ風のマリー」飛鳥幸子(レモンコミックス)
SF的作品で根強いファンがいる飛鳥幸子先生ですが意外に単行本化された作品は数少ないです。これはその数少ない作品の中のひとつです。

残念ながらこの作品はSFではなくデザイナーの話です。当時ファッションを扱った作品は意外と多いのですが、作家のイメージとは違っていて新鮮に感じました。でも読んで見るとやはり飛鳥幸子先生の作品だなぁと感じます。レモンコミックスは恐怖漫画の単行本が多いレーベルですので存在に気付いてないコレクターの方もいるのでは?

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「フレデリカの朝」飛鳥幸子(ジュニアコミックス)
時は第二次世界大戦のロンドン。フレデリカは弟と二人暮らし、そこに手負いのドイツ軍のスパイが逃げ込み弟を人質に取られ奇妙な同居生活が始まるが…

その後、フレデリカとドイツ軍のスパイとの間に恋が芽生えたがラストがアンハッピーエンドなのが残念です。恋といってもストックホルム症候群ということなのかもしれませんが…併録作品の「恋のメロディー」は女性探偵が大活躍するアクション作品でこちらの方がおすすめです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「わんころべえ」あべゆりこ(KCなかよし)
なかよしに長期にわたって連載されていた4コマ漫画です。憎めないキャラクター達が何かほのぼのさせてくれます。それが長期連載の秘けつ?

この作品は一部分しか単行本化されていない上に単行本の発行され方が変です。整理しますと@1980年にKCなかよし第1巻A1985年にKCなかよし第2巻B1989年にワイドKCなかよしC1993年に再びKCなかよしと4冊共内容が異なっています。これとは別に1989年にワイドKCなかよしで「えりぬき わんころべえ」なる旧作のKCなかよし版わんころべえ(@+A)を抜粋したコミックがあります。ちなみに1993年版以外のコミックには脚本家の剣持亘先生の名前がクレジットされています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ワン・ツゥ・アタック!」原作:小泉しづお/画:五十嵐典子(ルックコミックス)
同名のテレビドラマのコミカライズ作品です。ちなみに「レッツ・ゴー ミュンヘン!」という続編のドラマがあります。参考までにドラマの原作は「栄光へのスパイク」という小説です。

小説の作者はスポーツ記者の小泉しづお先生と「東洋の魔女」の一員だった谷田絹子さんが共著になっています。どうやら谷田絹子さんの体験談をヒントに制作されたフィクションのようです。(漫画版には谷田絹子さんはクレジットされていません)気になっているのですがルックコミックスは他に何かあるのでしょうか?見たことがありません!!

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「魔女っ子メグちゃん」池原成利(てんとう虫コミックス)
同名アニメのコミカライズ作品です。「魔女っ子メグちゃん」は魔女っ子シリーズでも人気の高い作品です。一時期第2巻があるというデマが流れましたが発行されていません!全1巻です!!

てんとう虫コミックス最強としてコレクターの憧れの一品でした。「学習雑誌」の未収録分と「希望の友」連載分を収録した単行本が復刊されました。読むのならそちらの方で良いでしょう。ちなみに池原成利先生は「ロックマン」などコミカライズ作品で有名な池原しげと先生の別名義のペンネームです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「氷上のプリンセス」池原成利(タカハシコミックス)
「子供の光」に連載されていたフィギュアスケートの漫画です。レーベルは高橋書店のタカハシコミックスというマイナーレーベルから発行されています。

池原成利先生は「ロックマン」などコミカライズ作品で有名な池原しげと先生の別名義のペンネームです。池原成利先生名義の単行本は他にてんとう虫コミックスの「魔女っ子メグちゃん」があります。ちなみに併録作品の「コワシ屋 明」「ちぎれ雲の詩」は「中二時代」掲載なため少女漫画ではなく少年漫画です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ビバ!バレーボール」井出ちかえ(りぼんマスコットコミックス)
「アタックNo.1」「サインはV!」と同時期のバレーボール漫画です。メディア化されていないため知名度は低いですが、りぼんマスコットコミックスで1番最初に発行された作品です。

全巻にカラー口絵が付いています。ちなみに、りぼんマスコットコミックスのカラー口絵は他に「恋の1・2作戦」「こんにちは初恋さん」に付いています。全部で8冊のみに付いています。復刊されていますのでそちらで読んでいただければ…たぶん「アタックNo.1」や「サインはV!」以上にものすごい物が見れますよ!?

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「チャコちゃんの日記」今村洋子(サンコミックス)
初期のサンコミックスでも入手がむずかしい作品のひとつです。全5巻以外に「新・チャコちゃんの日記」という単行本が発行されています。そちらも入手はむずかしいかと…

今村洋子先生の代表作です。「少女」に連載されていたが雑誌の休刊と共にりぼんに移籍しました。実はドラマのチャコちゃんシリーズの原作かと思っていました(ごめんなさい)内容はチャコちゃん家族やクラスメートとの日常生活を描いたホームドラマのような作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「レモンとうめぼし」今村洋子(ティーンコミックス)
本の外側には書かれていませんが今村洋子先生と今村ゆたか先生の共著です。タイトルはレモンのようなフレッシュな紀子とうめぼしおばあちゃんのおはなさんから来た物です。

両親がいないけど明るく生きる紀子のホームドラマです。ボーイフレンドや意地悪ないとこを巻き込んで話が進んでいきます。意地悪ないとこに対抗して主人公が性格悪く感じるのが残念です。最後はハッピーエンドなのが唯一なのが救いです。ちなみに週刊少女フレンド連載作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「卒業まじか」上原きみこ(ロマンスコミックス)
貸本の出版社である東京漫画出版社で刊行された描き下ろし作品です。上原きみこ先生は金田君子先生名義で東京漫画出版社から貸本を刊行しています。

発行は1969年なので商業誌デビューしているハズなのですが商業誌の作品と作風が違います。以前に描いた作品なのでしょうか?それとも成年女性向作品なのが原因なのでしょうか?巻末に「山のロザリア」「旅路の果て」という短編漫画が収録されています。巻末を見ると「恋人は黒」という作品が近日発売になっていますが見た記憶がありません。詳細を知っている方は情報提供をお願いします。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「友情の回転レシーブ」浦野千賀子(マーガレットコミックス)
「アタックNo.1」で有名な浦野千賀子先生の読み切り作品集です。表題作の「友情の回転レシーブ」は評判が良かったため「アタックNo.1」の連載が決定したという経緯があります。

実は表題作よりもインパクトがあったのが併録作品の「幸福はどこに」です。中国の核実験に対抗してアメリカが核ミサイル実験をしたところ誤って核ミサイルが東京に落ちる(?)というパニック系作品です。それ以外に「チコのアメリカ日記」「ゴールにむかって」が収録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「メアリー恋唄」丘けい子(オリジナルコミックス)
貸本時代から活躍していた丘けい子先生の描き下ろし単行本です。みのり書房オリジナルコミックスというマイナーなレーベルなため流通量が少ないです。

男装の女海賊の話です。この単行本以外でこの作品を読むことはできません。ファンならぜひ押さえておきたい単行本だと思います。ただ探し難いだけならまだ良いのですがカバーのコーティングが弱くコンディションの良い本が少ないコレクター泣かせのレーベルです。黒田みのる先生の作品が多いレーベルです(謎)


◆ か行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「妹よ」原作:西谷康二/画:神奈幸子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
タイトルと表紙の絵からイメージした内容とは全然違っていました!!兄妹の話かなぁ?と思っていたのですが…「妹萌え」って雰囲気は微塵もありません!

姉を自殺においやった憎い男に復讐する妹の話です。色々調べていくうちに仇が誰かわかります。2時間ドラマっぽい感じはしますが話の展開は素晴らしいです。復刊されていますのでそちらの方で読んでいただければ…と言いたいところですが復刻版も入手は大変です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「恋に恋しちゃった」神奈幸子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
表題作の「恋に恋しちゃった」はウブなノンのラブコメです。作品中で「もてる女の子になる方法」を募集していますが是非応募したいと思います。

初期短編集ですが収録作品は全て原作付きです。「恋に恋しちゃった」と「ちり紙交換でございま〜す」の乾東里子先生原作の作品はコメディ色が強く「さざんか散るとき」の生田直親先生原作の作品はシリアスな展開の話です。原作者によって作風がガラッと変わりますが個人的にはコメディ系の作品の方が向いていると思います。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ミニのあの子は応援団長」原作:堀寿子/画:神奈幸子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
表紙がポップでいい感じです。ビニールカバー装丁で刊行が始まった講談社コミックスフレンドシリーズはこの本を境に紙カバー装丁になります。

モコは女子だけのミニスカートの応援団を結成して活躍する話です。基本的にさっぱりして結論を付けたがる主人公のモコが恋愛に関してのみ最後まで優柔不断でちょっとイラっとします。巻末に「ぼくの花よめさん」というオリジナル作品がありますが復刻版には収録されていません。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「若いポプラは…」神奈幸子(ティーンコミックス)
看護婦の卵である西村浩美が厳しい教官と衝突しながら成長していく話です。最後にはアメリカの病院に留学に行くというお決まりの終わり方をしています。

ティーンコミックスで刊行される前に名作漫画総集ブックで刊行されていますが併録作品が「ぼくの花よめさん」から「シュートに青春をかけて」に差し替わっています。「走れ!シラユキ」 は両方に収録されています。何故か「若いポプラは…」の3点リーダー(…)が背表紙では2点リーダー(‥)になってます。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「友情の樹よ大きく」木内千鶴子(マーガレットコミックス)
木内千鶴子先生のマーガレットコミックスは割と入手できる部類の本が多い中(人気の割にという意味です。現実的には入手しにくいです)この本だけは桁外れに入手困難です!

マーガレットコミックスの中でもトップクラスです。木内千鶴子先生は貸本時代からの人気作家で大胆なストーリー展開によって予想不可能な結末を迎えることがあります。結構ダークな展開がたまりません。ハマる人はハマるのですが普通の話も多いので注意が必要です。(何の?)ちなみに割と普通の話を読んだ後に「期待外れだった」思ってしまう私はしっかりハマっています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「森の子カンナ」北島洋子(ティーンコミックス)
人気漫画家の北島洋子先生の作品でさらに動物物という人気が高いジャンルの作品です。とどめが難関レーベルのティーンコミックス!コレクター泣かせの一品です!!

「人気作家」+「人気ジャンル」+「人気レーベル」のトリプルパンチでもはや入手は困難を極めています!?人気があるので高額で取り引きされています。森に動物達と暮らしていた少女が生き別れになった両親を探すお話です。ちなみに原作者に山浦弘靖先生の名前がクレジットされています。


◆ さ行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「愛のコンチェルト」里中満智子(サンコミックス)
「アリエスの乙女たち」で有名な里中満智子先生の初期の作品集です。「愛のコンチェルト」という作品が掲載されている訳ではありません。恋愛物の作品集です。

収録作品は「ふたりだけの朝」「ミス・ケメ子」「オスカー家の悲劇」「恋の1ドル銀貨」「バラのワルツ」「ローマの夜」の6作品です。収録作品の中で「ふたりだけの朝」は唯一オリジナル作品ではなく原作者として小説家の松本香鶴先生の名前がクレジットされています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「愛の墓標」里中満智子(講談社コミックス)
発行が昭和46年なので講談社コミックスフレンドシリーズ(KC500番台)で発行されていると思っていたのですが、なぜか講談社コミックスで発行されています。

週刊ヤングレディーで連載されていた作品です。作品は2部構成になっています。単行本は第1部を収録している第1部と第2部を収録している第2部に別れています。「第1巻」「第2巻」とは表記されていません。第1部と第2部は関連がある話なのですが別の話です。第2部(第2巻に相当)には「十字架の愛」が併録されています。ちなみ復刊されていますのでそちらでお読みください。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「アリサ」里中満智子(ジュニアコミックス)
里中満智子先生の初期の作品です。里中満智子先生のジュニアコミックスはこの他に「一番星みつけた」「あした咲く花」が発行されていますがすべて入手困難です。

中に「私にとってはじめての学生を主人公にあつかった物語で非常におもいで深い作品です」と書かれています。設定は当時の少女漫画にありがちなので話自体は悪くないのですが、前半と後半で作品に統一感が無い感じがするのが少し残念です。ちなみに巻末に「あこがれの星」という読み切り作品が掲載されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「一番星みつけた」里中満智子(ジュニアコミックス)
里中満智子先生の初期の作品集です。主人公は逆境にめげずに健気に生きています。そんなときに色々良くしてくれるボーイフレンドが実は…という話です。

当時の少女漫画の王道と言える設定ですがストーリ展開が秀逸です。週刊少女フレンドに連載された作品ですが、まだ講談社コミックスフレンドシリーズ刊行前だったこともあり単行本は若木書房から刊行されました。ちなみに、どちらから刊行されたとしても入手しにくいのは避けられない!?

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「銀河はるかに」里中満智子(サンコミックス)
「アリエスの乙女たち」で有名な里中満智子先生の初期の恋愛物の作品集です。収録作品は表題作の他に「霧のシベール」「ミニミニガール」「由生の道」の4作品が収録されています。

宇宙飛行士が出てきたり忍者が出てきたりとジャンルはバラバラです。もう少し共通性が欲しかった気もしますが幅広いジャンルに貪欲に執筆活動しているところが垣間見えます。時期的に講談社コミックスフレンドシリーズと同時期なのになぜかサンコミックスで刊行されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「コミック天使」里中満智子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
まんがはかつて有名だった漫画家のひとり娘で漫画家を目指して頑張っています。子供に「まんが」と名付ける親はどうかしています。

少女漫画らしくやっぱり恋愛絡みの展開になっています。デビューした直後で話は終わっていますが、これからの方が大変ですよ?フィクションなのですが作品中に出てくる里中満智子先生の扱いが酷いです。第1巻に「リザは赤いばら」、第2巻に「真珠に愛をこめて」(原作:西谷康二)が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「虹色のマリ」里中満智子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)は少女漫画コレクターにとって難関レーベルのひとつです!!そのレーベル中でも最強なのがこの単行本です!?

当時の少女漫画では王道といえるバレエ漫画です。里中満智子先生が描くと一味違います!すごい人気作家なのがわかります。その証拠に講談社コミックスフレンドシリーズ(全89冊)の約4分の1(22冊)が里中満智子先生の単行本です。ちなみに講談社コミックスフレンドシリーズの初期はビニールカバー装丁になっています。この作品の他には「ララ・ハート」「サインはV!」「あこがれ」だけです。全部で18冊になります。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「マリアンヌ」里中満智子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
当時少女フレンドで一番の人気作家である里中満智子先生の作品です。難関レーベルの講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)の中でも人気が高く入手しにくいです。

グレープ王国のマリアンヌ王女は継母の王妃に命を狙われたり、国の財政危機など逆境ながら明るく生きています。設定ではグレープ王国はフランスとイタリアの間にあります。当時の少女漫画は舞台が外国でお嬢様とかいう設定が多いです。この作品も王道のパターンです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ララ・ハート」里中満智子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)は少女漫画コレクターにとって難関レーベルのひとつです!!そのレーベル中で一番最初に刊行されたのがこの単行本です。

当時のラブコメによくあるように舞台が外国になっています。そして何故か主人公が日本にやってきます。ちなみに、この単行本はビニールカバー装丁になっています。また、この単行本を発行する寸前に雑誌形式の総集編が発行されていました。こちらも入手困難ですが復刊されていますのでそちらでお読みください。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「レディー・アン」里中満智子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
ファッションやデザイナーを描いた作品は今でも少女漫画で時々見かけるテーマです。この作品は後の同じテーマの作品に大きな影響を与えた名作です。

名作なのですが元版が講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)で難関レーベルなうえ巻数が多いため揃えるのに結構苦労します。でもその分読み応えはあります。作品はいたって真面目な話ですが、レディー・アンの本名があん子で妹の名前がきな子って結構いい加減な本名だったりします。ちなみに復刊されていますのでそちらでお読みください。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「よみがえった魔球サーブ」庄司陽子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「生徒諸君!」で有名な庄司陽子先生が描いたスポーツを題材にした読み切り集です。表題作「よみがえった魔球サーブ」はバレーボールを扱ったスポ根漫画です。

表題作は庄司陽子先生オリジナル作品ですが併録されている野球を扱った「まぶたの白いユニホーム」(原作:粉川宏)、サッカーを扱った「もう一人の正選手」(原作:神保志郎)競泳を扱った「二つに割った銀メダル」(原作:小泉志津男)はスポーツも原作者も異なり個性豊かな読み切り集になっています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「さすらいの太陽」原作:藤川桂介/画:すずき真弓(ティーンコミックスデラックス)
歌手を目指す少女の話です。アニメは意外と有名なのですがこのコミックはあまり売れなかったためか人気の割に現存数が少なく入手困難になっています。

赤ちゃんの時に看護師によって故意に入れ替えられた少女が逆境にくじけずに生きています。入れ替えられなかったらお金持ちの家庭で何不自由なく暮らしていたはずなのに…ハッピーエンドなんだ!?良かった!!と思っていたら最後にとんでもない仕打ちが…こんなのってないよ〜っ!!


◆ た行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「愛のひみつ」武田京子(マーガレットコミックス)
中華料理店で働く和子はお金持ちの美樹と偶然似ていた。そこで入れ替わって生活することに…という話ですがタイトルからは想像もできない内容と展開に読んでビックリ!?

美樹の父は既に亡くなっていて母は仕事が忙しく世間体を気にして美樹にヒステリックにあたり、姉の雪子は方輪でその原因が美樹にあり辛くあたる。更に弟のぼうやは精神薄弱で庭の物置に隔離されていて…どんな設定なんですか!?マーガレットコミックスの中でも難関な部類に属する作品ですが復刻版があるのでそちらで読んでいただければ…

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「あの波こえて」武田京子(ジュニアコミックス)
貸本やセブンティーンで活躍された武田京子先生の雑誌デビュー作(掲載誌は光文社「少女」)になります。デビュー作から連載だったようで1冊分の原稿量があります。

行方不明になったおとうさんを待つカコとお友達になったマミが事件に巻き込まれて…という話です。ちなみにカコはチャイナドレスを着ていますが中国の方ではなく、香港に行った貿易商のおとうさんにプレゼントしてもらったようです。ちなみに雑誌デビューの時期はたけだ京子先生名義でした。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「誰もわかってくれない」武田京子(りぼんマスコットコミックス)
不良少女と誤解されてしまう底抜けにあけっぴろげな主人公のお話です。そんな風に作品紹介されていますが、あながち誤解ではないのかも・・・

登場人物が屈折しています。設定上は小学生なのですが小学生には見えません。りぼんに連載され、りぼんマスコットコミックスの初期に刊行された作品です。ちなみに花とゆめコミックスの初期に復刊されていますがカバーにコーティングが無いため復刻版の方が入手しにくいです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「星ふる湖」武田京子(ティーンコミックス)
貸本作家時代から人気の高かった武田京子先生の週刊マーガレットに連載された作品です。レーベルがティーンコミックスなので入手に苦労します。

湖のほとりに家族で引っ越して来たモコの話ですが色々不幸なことが起こります。当時の少女漫画の定番の展開です。ちなみに話に出てくる湖は真珠湖となっていますが、小瀬川ダムのダム湖の真珠湖とは関係ありません。公募によって命名される前に発表された作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「美加は生きた」武田京子(ティーンコミックスデラックス)
貸本作家時代から人気の高かった武田京子先生の入手困難な単行本のひとつです。不治の病(白血病)に侵された少女の話です。

くじけそうになりながらも懸命に生きる健気な主人公の姿に涙腺緩みっぱなしでした。武田京子先生の入手困難な新書漫画(ジュニアコミックスやティーンコミックスはB6版なため除く)といえばマーガレットコミックスの「愛のひみつ」がありますが、そちらは’70年代に復刊されているのでまだ読める機会があります。しかしこの作品は元版か掲載雑誌を入手しないと読めなくて大変です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「クリスマス物語」竹本みつる(ティーンコミックス)
1960年代にりぼんなどの少女漫画誌で活躍した竹本みつる先生の数少ない単行本です。初出はりぼん1963年12月号の付録(りぼんカラーシリーズ)です。

表紙の絵は楽しそうな漫画のように見えますが実は真逆の展開が待っています。毎年クリスマスになると不幸が訪れる展開にクリぼっち(クリスマスにひとりぼっち)のほうがまだマシなんじゃないかと錯覚を起こしそうになります。最後はハッピーエンドなんだからいいじゃないか?とは正直に思えません。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「満月城へようこそ」忠津陽子(スターコミックス)
洗練された絵のラブコメ作品で人気の高い忠津陽子先生の単行本の中では最難関と言われています。実はラブコメ作品を集めた作品集です。

スターコミックスの初期女性向けコミックは発行部数が少ない本が多くて入手困難な物が割と多くあります。忠津陽子先生のように人気のある作家は市場価格が高いだけで入手できないことはないのかも知れませんが意外と入手に苦労します。個人的には表題作はコメディ色が強すぎて(悪ノリ過ぎ?)あまり好きではありませんが他の作品は忠津陽子先生テイストの作品で好きです。さわらび本工房刊行の作品集第1巻と第2巻を揃えると収録作品は全て読めます!!

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「結婚の条件」忠津陽子(花とゆめコミックス)
女性だけでなく男性コレクターに人気のある忠津陽子先生の代表作です。忠津陽子先生の得意分野であるラブコメ作品です。意外に全巻揃えるのに苦労します。

フィアンセと喧嘩別れして、彼以上の男性と結婚しようと旅に出て…結局、元の鞘に…よくある話なのですが、これが現実だったら個人的には許せませんね!ちなみに第1巻に「大すきケーリー!」第3巻に「ただいま留学中」第4巻に「星とイモムシ」が収録されていますが「星とイモムシ」は初期の作品でラブコメではありません。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ピコラ・ピコラ」たちいりハルコ(フラワーコミックス)
巻末情報で調べて全5巻と勘違いされているコレクターの方もいるのでは?実は第6巻と第7巻が松文館から出版されているので全7巻です!!

「パンク・ポンク」で有名なたちいりハルコ先生のデビュー作です。市川みさこ先生の「オヨネコぶーにゃん」と双璧のちょっと下品なギャグ漫画です。共に単行本を全巻で揃えるのは難しいことで有名な作品です。揃えようとすると小学館発行分(第1巻〜第5巻)がカバーにコーティングが無いため難関です。(松文館では第1巻〜第5巻は発行していません)

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「キッスいろいろどれにする?」辻村弘子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
講談社で活躍している辻村弘子先生のコメディー作品を集めた初期作品集です。講談社コミックスフレンドシリーズで刊行されているため入手は難しいです。

収録作品は表題作以外に「ミスター=サムは女の子」「だんな様は紙の上」「あつあつカッカ2対1」「初恋ロッジ」です。読むだけならばスタジオシップのポケットコミックスの単行本で読むことができます。「初恋ロッジ」は「青い海とレモンちゃん」に収録、それ以外の作品は「ミスター=サムは女の子」に収録されています。そちらの方が入手はしやすいです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ライバル出現2対1」辻村弘子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
講談社で活躍している辻村弘子先生のコメディー作品を集めた初期作品集です。外側に書かれていませんが表題作以外には原作者が付いています。

収録作品は表題作以外に「男性下着はこちら!」(原作:乾東里子)「くたばれイソウロウ」(原作:かむらみき)「修学旅行の夜はふけて」(原作:幻余次郎)です。原作者の違いで作品のカラーが変わっていて楽しめますが個人的にはオリジナル作品である「ライバル出現2対1」が一番好きです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ルミちゃん教室」つのだじろう(サンコミックス)
下町を舞台に兄とふたりで暮らす日常を描いた漫画です。りぼんをはじめ色々な雑誌を転々と連載されていましたがれっきとした少女漫画です。

「うしろの百太郎」「恐怖新聞」などオカルト漫画で有名なつのだじろう先生の初期の代表作です。藤子不二雄A先生の「愛…しりそめし頃に…」で紹介されたことがこの作品の再評価につながったと思われます。ちなみに虫コミックスでも刊行されていますが内容は別物です。春夏秋冬と季節ごとに再編されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ルミちゃん教室」つのだじろう(虫コミックス)
下町を舞台に兄とふたりで暮らす日常を描いた漫画です。りぼんをはじめ色々な雑誌を転々と連載されていましたがれっきとした少女漫画です。

「うしろの百太郎」「恐怖新聞」などオカルト漫画で有名なつのだじろう先生の初期の代表作です。初期の頃は「忍者あわて丸」(アニメタイトル「ピュンピュン丸」)などギャグ漫画を描いていました。巻末に「ちびっこおくさん」という作品が掲載されています。ちなみにサンコミックスでも刊行されていますが内容は別物です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「赤いリュックサック」巴里夫(りぼんマスコットコミックス)
表題の「赤いリュックサック」は少女漫画史に燦然と輝く巴里夫先生の反戦漫画です。同じく反戦漫画「疎開っ子数え唄」と学園漫画の「わるくちをありがとう」が併録されています。

巴里夫先生に東京大空襲を書いたシナリオのコミカライズ化の依頼が来て制作された「愛と炎」の反響がよくて「赤いリュックサック」「疎開っ子数え唄」と続け様に評判がよく、自伝要素もあり満を持して制作された「石の戦場」で大失敗し反戦漫画の幕を閉じることになった。ちなみに巴里夫先生の反戦漫画を読むならほるぷ平和漫画シリーズの「疎開っ子数え唄」は全作品収録されているのでおすすめです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「今日も欠席」巴里夫(マーガレットレインボーコミックス)
貸本時代の作家というイメージのある巴里夫先生ですが集英社専属になって雑誌でも活躍していました。その後、白泉社に移籍しました。この短編集のほとんどが花とゆめ掲載作品です。

表題作以外に「エンピツくん」「白い箱」「15歳ひとり旅」の計4作品が収録されています。少女漫画誌掲載の単行本では末期になります。若木書房や集英社系の少女漫画のレーベルで単行本を発行していますがどれもこれも入手が難しいのが玉にキズです。探求しているコレクターさんのほとんどが男性という不思議な作家でもあります。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「5年ひばり組」巴里夫(ティーンコミックスデラックス)
貸本時代の作家というイメージのある巴里夫先生の雑誌連載作の最大のヒット作品です。美季が転校した5年ひばり組は問題だらけだった…学園ドラマ仕立ての作品です。

カバーのタイプが2種類存在しますが旧版は全8巻なのに新版は第6巻までしか刊行されませんでした。旧版は貸本あがりの本が非常に多いです。第2巻に「なかよし小道」第3巻に「コスモスにねがいを」第6巻に「チョコでよろしく!」第7巻に「わたしの歌は」「おてんばおしえます」第8巻に「小さな小さなカレンダー」「美人でモーレツ先生」の読み切り作品が収録されています。ちなみに「りぼん」連載作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ちびっこ先生」巴里夫(ティーンコミックスデラックス)
表題作の「ちびっこ先生」は先生がちびっことかそういうことではなくて主人公が小さな弟によって成長する話なため付けられたタイトルです。

巴里夫先生の人気貸本シリーズである「ごきげんシリーズ」を再版した物です。併録作品の「雪まつり」「おてんばゲーム」はティーンコミックスデラックス版で刊行された時に収録された作品で元版には収録されていません。ちなみに当時の作品は若木書房で刊行されることが多いです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ドレミファ学園」巴里夫(ティーンコミックス)
パリコ・フワコ・ポロコのなかよし三人組が繰り広げる愉快な学園生活の漫画です。読んでみると本当に学園生活を満喫している感じがします。

「パリコ」ってすごいニックネームですね(笑)作者がパリオだからか?(正しい読み方は「トモエサトオ」です)表紙もそうなっていますが、作品中3人の動きがシンクロしています。ミュージカルを観ているような感じがしてなんか新鮮に感じます。「なかよし」に連載された作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「はひふへほしのこ」巴里夫(花とゆめコミックス)
貸本時代の作家というイメージのある巴里夫先生の作品です。花とゆめの創刊号から連載された作品で初期の花とゆめコミックスで入手しにくい部類です。

巴里夫先生の数少ない連載雑誌レーベルから刊行された単行本です。また色々なレーベルの初期に刊行されてそのほとんどが入手困難な単行本になっているというコレクター泣かせの作家です。実際、単行本が出てる当時の少女漫画でも異質な作風なので仕方ないかもしれませんね。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ふたりの口笛」巴里夫(ジュニアコミックス)
収録作品は男女の愛を描いた表題作の他に姉妹愛を描いた「水色のパラソル」親子愛を描いた「すみれの丘」で愛をテーマにした短編集です。

ジュニアコミックスの初期なため装丁が通常の本と異なり背が引っ付いていてカバー部と本体が一体になっています。この装丁は他に「ばんざい15才」「あくしゅでポン!」の巴里夫先生作品の3冊のみです。再版は通常のタイプの装丁になりますが一部の本は出版社で初版のこのタイプのカバー部を剥がして再版のカバーをかけてある物が存在するようです。ご購入時にはご注意ください。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「りんごでカンパイ!」巴里夫(ジュニアコミックス)
貸本で活躍した巴里夫先生の短編集です。三者三様の主人公が出てくるのですが共通して言えるのは一緒にいると元気が出ること。元気になりたい人おすすめです。

ミホのあだ名はブンブン。おしゃべりでうるさいからまるで蜜蜂が周りを飛び回ってる感じだとか…そんなミホがミチとお友達になりたくて猛アタックする話です。本当にいたら厄介かもしれません。表題作以外に「まるくてけっこう」「にきび探偵」が併録されています。


◆ な行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「北斗という名のひと」西谷祥子(ポケットコミックス)
ポケットコミックスの記念すべき最初の単行本です。ポケットコミックスはPC15「黒い微笑 第3巻」(細川知栄子先生)まではオリオン出版発行になっています。

行方不明な父をたずねて訪れた父の仕事のスポンサーの豪邸。スポンサーの命令で全寮制のお嬢さま学校に行かされることになり…こんな話です。「週刊少女コミック」に連載されていたのにもかかわらずフラワーコミックスでは刊行されなかったため入手困難になっています。普通にデキの良い作品なのに…

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「気がちがい荘の住人達」西谷祥子(花とゆめコミックス)
タイトルが危険なため復刊しにくいコミックスとして有名です。アパートの名前は「気がちがい荘」ではなくて正式には「たんぽぽ荘」です。住んでいる人が奇人変人ばかりなためそう呼ばれているようです。

この単行本は短編集です。したがって表題をこの作品にしなければ普通のヴィンテージコミックだったのかもしれません…実際タイトルや台詞を変更すれば復刊することに問題があるとは思えません。ちなみになぜかカバーが2種類あります。今回画像に使ったのは旧版の物です。特に変える必要ないと思いますがどう思いますか?


◆ は行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「霧のなかの少女」花村えい子(マーガレットコミックス)
マーガレットコミックス最強のタイトルです。ある書籍に「愛のひみつ」が最も入手困難と書かれていましたが個人的にはこの作品の方が入手困難と信じています。

読んでみると良く出来た話とは思うのですが、正直言ってコレクターズアイテムの部類だと思います。だから小学館から復刊された時は本当に驚きました。実際に読みたいという理由で探していた人はあまりいないと思うのですが…復刻版は定価も結構高額なためあまり売れそうにありません。だから読みたい貴方はすぐ復刻版を買っておいた方が良いでしょう!!

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「朝日の中のあいつ」波間信子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「ハッピー!」(ドラマタイトル「ハッピー 愛と感動の物語」)で有名な波間信子先生の初期作品を集めた作品集です。今とは絵柄も作風も全く違います。

表題以外に収録されている「子づれドロボー健」「4.5畳南むき」「花の咲く箱庭」の3作品は「わたしのすきな子供たち」シリーズの作品です。個人的には表題作よりこちらの方が好きです。講談社コミックスフレンドシリーズというコレクターズアイテムになっているレーベルで刊行されたため入手しにくいですが復刊されていますのでそちらの方で読んでいただければ…

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ロングヘアーのビーナス」原作:乾東里子/画:藤井由美子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「チャーモロジー(魅力学)おしえます」というキャッチフレーズの作品です。お洒落な髪型とか色々出てきますが主人公がロングヘアーなので参考にしにくいかも?

ヘアデザイナーを目指す美鶴のお話ですが、なぜかモデルもすることになります。普通の女の子のシンデレラストーリーで少女漫画の王道の話です。ちなみに藤井由美子先生は絵がかなり好きな作家なのですが、作品は全くと言っていい程復刊されていないので読む機会が少ないのが残念です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「あこがれ」細川知栄子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「王家の紋章」で有名な細川知栄子先生の代表作のひとつです。堀ちえみさん主演の大映ドラマ(大映テレビ制作ドラマ)「花嫁衣裳は誰が着る」の原作としても有名です。

講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)の中でも全巻揃えるのが最も難しいと言われている単行本です。やり過ぎなくらい不幸な出来事が続きます。最後は幸せになるんだから「まぁ、良いか!」と正直思えません。最終巻の巻末に「ぼくの天使」という読み切りが掲載されていますが、復刻版(KCフレンド)では「野ばら咲く道」という別の読み切りに差し替えられています。ちなみにこの単行本を発行する寸前に雑誌形式の総集編(全4巻)が発行されていました。そちらも入手困難です!!復刊されていますので復刻版で読めば十分です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「アテンション・プリーズ」原作:上條逸雄/画:細川知栄子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
客室乗務員(当時は「スチュワーデス」と呼ばれていました)に憧れる少女の話です。同名ドラマのコミカライズ作品です。作画は「王家の紋章」で有名な細川知栄子先生が担当しています。

ドラマが’06年にリメイクされるほど人気がありました。しかし私はドラマを見たことがないのでドラマ(旧作)とどう違うのが全くわかりません。どうやらドラマ(旧作)は客室乗務員になった主人公の話があるようですが最終巻(第2巻)では客室乗務員に合格したあたりで終わっています。中途半端で終わっているようにしか見えません!(謎)

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ヴェニスの恋」細川知栄子(ポケットコミックス)
楽しいはずのヴェニス観光が一変して大惨事になった。肉親と離ればなれになり記憶喪失になった瑠璃はそこで出会った少年と恋に落ちたが…

最後のどんでん返しが予想と違ってて違和感を感じます。花とゆめに掲載された作品です。巻末に併録されている「愛は空のかなたに」は第二次世界大戦末期の日本が舞台の作品で少女漫画にありがちな話なのですが細川知栄子先生の華やかな作風には今ひとつ合わない気がします。ちなみに別冊少女フレンド掲載作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「泣くなパリっ子」細川知栄子(ティーンコミックス)
「王家の紋章」で有名な細川知栄子先生の代表作のひとつです。ティーンコミックスの中でも全巻揃えるのが最も難しいと言われている単行本です。

ママを亡くしたナオミはパパを探してフランスから日本に密航して来ました。はたしてパパと会える日は来るのか?という話です。ちなみに原作者に生田直親先生の名前がクレジットされています。第3巻の巻末に「ごめんなさい由紀ちゃん」という読み切り作品が収録されていますがこちらはオリジナル作品です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ハ〜イ!夢です」細川知栄子(ポケットコミックス)
「王家の紋章」で有名な細川知栄子(細川智栄子)先生の作品です。テレビ局のレポーター部(アナウンス部のことか?)に勤めることになったドジっ娘・夢の奮戦記です。

夢のドジ加減が結構すごいです。ここまでいっちゃってるとアナウンス能力とかは別の話でキャラだけで出演できるような気がするのは気のせいでしょうか?週刊少女コミックにて連載されていましたが、フラワーコミックスではなくポケットコミックスで刊行されたため意外と見かけません。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「おはようエルザ」原作:原淳一郎/画:細野みち子(サンコミックス)
貸本や初期の週刊少女フレンド等で活躍した細野みち子先生の代表作です。今の少女漫画とは違い不幸な少女の話といえば当時の少女漫画の王道でした。

盲目の少女(話の冒頭に起こる事故が原因で失明します)が主人公の話ですがどうやら実話を基にしているそうです。しかし話が練られていてドラマチックに構成されています。本当に実話なのだろうか?ただ一般の人がこの作品を読むのは入手困難なため大変です。確率が低そうだけど復刊を待つしかないのでしょうか?

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「金メダルへのターン」原作:津田幸夫/画:細野みち子(講談社コミックスフレンドシリーズ)
あり得ない技がたくさん出てくる水泳漫画です。同名ドラマのコミカライズ作品です。ある意味特撮と言えなくもないかも…あんなターン出来ません!!飛んで行ったり、津波を起こしたり…人間技とは思えません!!

漫画の方もやっぱりすごいことになっています。ドラマよりは若干マシですが…参考までにスポ根漫画の部類に属するのですが、私にとってはある意味ギャグ漫画に見えなくもないかも…(ごめんなさい)ちなみに作画は貸本時代からの人気漫画家の細野みち子先生が担当しています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「虹は遠くても」細野みち子(ジュニアコミックス)
貸本や初期の週刊少女フレンド等で活躍した細野みち子先生の週刊少女フレンドに連載された作品です。原作者に山浦弘靖先生の名前がクレジットされています。

内容は自らの病気、出生の秘密、父の急死と不幸の続く主人公の奈保子はその不幸に負けず明るく生きていくという話です。細野みち子先生の作品は単行本化された作品が少ないのですがこの作品は単行本化された数少ない作品です。残念ながら単行本化された作品も入手困難な本が多いです。


◆ ま行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「マキの口笛」牧美也子(虫コミックス)
「りぼん」で長期連載されていたバレエ漫画です。牧美也子先生の代表作です。ちなみに牧美也子先生は「銀河鉄道999」で有名な漫画家の松本零士先生の奥様です。

往年の名作漫画です。内容は当時の少女漫画の王道の作品です。復刊されていますのでそちらでお読みください。ちなみに第3巻に「あかちゃん」「心よ海をゆけ」が収録されています。「心よ海をゆけ」は牧美也子先生と松本零士先生の共著の作品です。このような共著の作品は少女漫画に多くあります。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「なんたって18歳!」牧野和子(ティーンコミックスデラックス)
同名のドラマのコミカライズ作品です。「おくさまは18歳」に続いて制作されました。主演は共に岡崎友紀さんです。「おくさまは18歳」は漫画の方が原作ですがこの作品はドラマの方が原作です。

主人公は親の決めた婚約者が嫌で家出してバスガイドとして働き始めますが…漫画版の終わり方には全く納得いきません!(卓丸とは実の兄妹とわかり結婚をあきらめて親の決めた婚約者と結婚します)ドラマは観たことがないので同じなのかわかりません。(たぶん違うと思うのですが…)第4巻の巻末には「家出ばんざい!」第5巻の巻末には「あの人はH・H」「のっぽとわたしとおにいちゃん」という読み切り作品が掲載されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「カンニングでがんばらなくっちゃ」松永るりこ(講談社コミックスフレンドシリーズ)
フレンド系雑誌などで活躍した松永るりこ先生の初単行本です。テストでいい点を取るためにカンニングの方法を考えて頑張ること自体が本末転倒だと思います。それより勉強を頑張らなくっちゃ!?

読み切り作品を集めた短編集です。外面にクレジットはありませんが原作付きの作品が多く、収録作品では「10,000,000円の恋」のみがオリジナル作品です。表題作と「ハーイこちら受付です」と「恋のサインはSOS」の原作者は幻余次郎先生、「さかさま家族ばんざい!」の原作者は乾東里子先生です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「赤い女神」美内すずえ(マーガレットコミックス)
「ガラスの仮面」で有名な美内すずえ先生のヤバイ系作品です。「ハンセン病」や「人種差別」が絡んでいるにもかかわらず復刊されています。一部の台詞が差し替えられています。

ハンセン病の扱い方や人種差別的な発言の数々を見る限りでは復刊されないと思っていました。正直言って復刊した方が良いとも思えないし…復刊は不可能と言われていたため高額で取り引きされていたので売れると思って復刊に踏み切ったのなら残念です。ちなみに「赤い女神」は短編集です。「ナポレオンと私」「ルナの休日」「雪だるまの見ていたはなし」の3作品が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「パンドラの秘密」美内すずえ(マーガレットコミックス)
「ガラスの仮面」で有名な美内すずえ先生のヤバイ系作品です。ヤバイ系三部作(私が勝手に名付けました)の中で唯一復刊されていません。

ちなみにヤバイ系三部作とは「はるかなる風と光(カニバリズム絡み)」「赤い女神(ハンセン病絡み)」とこの「奇形」が絡んでいる「パンドラの秘密」です。この作品もいずれ復刊されるのでしょうね…ちなみに併録作品の「ひばり鳴く朝」も「人体実験」や「児童虐待」が絡んでいて問題かもしれません?後味は「ひばり鳴く朝」の方が数倍悪いです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ローヌジュレエの庭」水野英子(花とゆめコミックス)
表題作「ローヌジュレエの庭」は刊行当時に花とゆめに掲載された作品です。併録作品は「エーデルワイス」「にれ屋敷」で古い作品なため絵の変化を見ることができます。

花とゆめ創刊時にかなりの数の集英社所属の作家が白泉社に移籍しました。初期の花とゆめコミックスでは移籍組大御所作家の人気があった作品を刊行しています。この単行本は(例外は掲載していますが)そのひとつです。紙カバーにコーティングがないのでコンディションがいいのは意外と無いかもしれません。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「妹のぶんまで走れ!」峰岸ひろみ(マーガレットコミックス)
峰岸ひろみ先生は貸本時代からの作家です。これは数少ない貸本出版社以外の出版社から発行されたコミックです。マーガレットコミックスでも入手困難なコミックのひとつです。

このコミックは短編集です。表題以外に「せめて夏まで生きたい!」「おねえさんの胸にこの白いバラを」「春がささやく!」の合計4編が収録されています。結構暗めな作品が多いです。ちなみに 「いつ海は同じ色に輝くか」(サンコミックス)の葵奈々先生は峰岸ひろみ先生の別名義です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「マホーランドのマジョリカ」みよし・らら(りぼんマスコットコミックス)
りぼんに連載されていたメルヘンタッチで可愛らしい4コマ漫画です。表紙の絵のマジョリカは可愛いのですが、黒ずくめの魔法服は全然可愛くないのが残念です。

第1巻の真ん中に中途半端に連載前に掲載されたマジョリカの漫画が掲載されていますが、設定等が違うので違和感を感じます。巻末に載せればいいのに…また第2巻の巻末に「ごせんぞちゃん」という作品が収録されています。同じセンスの4コマ漫画ですが時代設定が原始時代なので正直微妙です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「キノコ・キノコ」みを・まこと(りぼんマスコットコミックス)
作品中にカップルが2組あるのですがファンレターでその組み合わせが合わないのでは?という声が多く作品途中で組み合わせを変えてしまうとは…ビックリ!!

少女漫画雑誌に必ず掲載されている4コマ漫画なのですが当時は単行本化されることは少なく最終話まで収録された単行本が発行されることは大変人気があったのだと思われます。ちなみに他の作品の印象が無いため絵が下手なイメージがあるのですが実は普通の少女漫画が描けるくらいの画力があります。でも何故キノコ!?

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ゲンコツの海」原案:国際放映/画:望月あきら(講談社コミックスフレンドシリーズ)
1973年に放送されたドラマのコミカライズ作品です。作画は「サインはV]「ゆうひが丘の総理大臣」で有名な望月あきら先生が担当しています。

南海の島の小さな男子校に赴任した若い熱血教師・山中大介が不良の溜まり場である海洋部の部員に体当たりで接していく話です。ちなみに登場人物に女子生徒がいますがそれは近くにある女子校の生徒です。表紙に出演者の写真が載っていますが主役を演じている渡辺篤史さんは写っていません。何でだろう…(謎)

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「サインはV!」原作:神保史郎/画:望月あきら(講談社コミックスフレンドシリーズ)
原作である漫画のタイトルは「サインはV!」ですがドラマでは「サインはV」になっています。「アタックNo.1」の対抗馬として「巨人の星」の女の子版スポ根漫画を企画して出来た作品です。

ジュン・サンダースが死ぬところまでしか単行本化されていませんが連載はそのまま続いています。完全版の復刊を希望します。講談社コミックスフレンドシリーズには番外編が1冊ありますがひばりヒットコミックス版の第10巻と収録作品は同じです。講談社コミックスフレンドシリーズはビニールカバー装丁ですが第1〜3巻は昭和48年10月以降の再版が紙カバー装丁の別バージョンになっています。ちなみにゴラクコミックス版以降に掲載されている読み切り「サインはV!外伝」はゴラクコミックス版より前の単行本には収録されていません。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「サインはV!」原作:神保史郎/画:望月あきら(講談社コミックスフレンドシリーズ)
元々「サインはV!」はKC504からナンバーリングがされており全8巻+別巻1巻の9冊がビニールカバー装丁で刊行されていました。このシリーズはKC578からナンバーリングされています。

このシリーズは紙カバー装丁で刊行されましたが第3巻までしか刊行されておらず完結はしていません。ちなみにこのシリーズのKC578はKC504の第4刷に、KC579はKC505の第3刷に、KC580はKC506の第3刷に相当しているため初版は存在しません。当然ながら内容はKC504からのシリーズの第1〜3巻と同じです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「すきすきビッキ先生」望月あきら(花とゆめコミックス)
この作品はマーガレット連載作品でマーガレットコミックスで刊行されたのですが全1巻に編集されています。この版は完全収録で全6巻です。いくら何でもカットし過ぎでしょ!?

またこの版はカバーのコーティングが無いためコンディションの良い本が少なく、揃えにくいコミックスとして有名です。作品的には「ゆうひが丘の総理大臣」と方向性の似た学園物です。第6巻には「ビッキ先生暗殺さる!?」という続編と「海辺のスキャット」という読み切り作品が収録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「まごころ」望月あきら(ティーンコミックス)
クレジットに書かれていませんがエドモン・ロスタン先生の戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」を現代の学園物にアレンジした作品です。

人間は見た目ではなく中身だというメッセージ性の強い作品なのですが原作を前面に出している訳じゃないのでハッピーエンドにしてもよかったのでは?と思います。初出はりぼんの付録のカラーコミックシリーズです。巻末には「あね いもうと」が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ゆめでいこうよ!」望月あきら(ジュニアコミックス)
「サインはV!」「ゆうひが丘の総理大臣」で有名な望月あきら先生の初期の作品です。当時の望月あきら先生の作品は若木書房かひばり書房発行が多いです。

少女漫画時代の作品と言えば「サインはV!」が有名ですが実は「サインはV!」のようなスポ根漫画は珍しく、ほとんどの作品がこの作品のようなコメディです。クラスメートと夢の中でデートを続けていた少女の現実の恋は?というお話です。デートがベニスなど外国で非現実的なのに「まるで夢のようですわ」という台詞…気付けよ!!

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「おくさまは18歳」本村三四子(マーガレットコミックス)
正直言ってドラマの方が有名です。ドラマの評価は高く、いまだに名作ドラマとして人気が高いです。ドラマと漫画では基本的な設定は変わらないのですが…

ドラマでは日本が舞台ですが漫画では外国が舞台になっています。当時の少女漫画は外国が舞台になっていることが多いです。「リミーにおまかせ!?」という続編がありますが単行本化されていません。ちなみに第4巻に「パリのお嬢さん」「拝啓プレイボーイ殿」という作品が併録されています。復刊されていますのでそちらの方で読んでいただければ…(ただし巻末の読み切り作品は併録されていません)

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「すてきなパメラ」本村三四子(ロマンコンパクト)
収録作品が文華書房(曙出版)から刊行された花びらブックスの「瀬戸の初恋」と三四子シリーズの「にくいあいつ」に収録されているため貸本からの再録本になります。

収録作品は表題作の他に「学園のきまぐれ娘」「瀬戸の初恋」「しあわせなベス」「先生のお気にいり」「にくいあいつ」です。「瀬戸の初恋」は同名貸本の描き下ろし作品ですが他の作品の初出は別冊マーガレット掲載です。ちなみに作者の本村三四子先生は「おくさまは18歳」で有名です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ひとりぼっちの星」百田てるよ(ティーンコミックス)
週刊ティーンルックに連載されていた作品です。巻末に「TV化や舞台化の話が進められています」と公表されていますが、検索しても見つからないので企画倒れになったのかもしれません。

中性的な魅力を持つ男性アイドル歌手・ポーニーは実は女性で…という話です。売れることしか考えていないマネージャーや特ダネを狙う悪徳記者など困難ばかりで可哀相になってきます。結末は無理矢理ハッピーエンド感があって詰め過ぎな気がします。ちなみに最終巻の巻末に「ロッキーの虹」という西部劇作品が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ラ・セーヌの星」森村あすか(ビッグバードコミックス)
同名アニメーションのコミカライズ作品です。アニメはいまだに根強い人気を誇っています。漫画は前半部分しかなく中途半端に終わっています。

フランス革命前後のパリが舞台の物語です。視点が違っていますが「ベルサイユのばら」と方向性が近い作品です。念のために言っておきますが史実に沿って物語は進んではいますが「ラ・セーヌの星」は実在の人物ではありません。ちなみに藤原栄子先生が描いたコミカライズ作品もありますがそちらは単行本化されていません。


◆ や・ら・わ行の作家様 ◆
【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「サチのポプラレター」矢代まさこ(ジュニアコミックス)
いきなり公園のポプラの木が語りだすところから始まる怪しい展開に驚いたけどその後は普通にひとりぼっちのサチに友達ができたが実は・・・という話。

ネタばれしたら最後のどんでん返しが面白くなくなるから書きませんがファン必見です。週刊マーガレットに連載されていました。また巻末に「虹どろぼう」「トルウラブひとりぼっち」が併録されています。ちなみに矢代まさ子先生は睦月とみ先生名義で作品を発表していたことがあります。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ちびっこ聖者」矢代まさこ(ホームランコミックス)
貸本時代の作家というイメージのある矢代まさこ先生の短編集です。ちなみに貸本時代の代表作は「ようこシリーズ」(若木書房刊)です。一時期、睦月とみ先生名義で作品を発表していました。

掲載作品は貸本に掲載された作品ではなく「別冊マーガレット」に掲載された作品である「ちびっこ聖者」「えくぼがお似合い」「子象のデイト」「ゲンの吹雪」「あひるのマーチ」「ミミみっつ」が収録されています。貸本から雑誌に作品発表の場を移した直後の作品群になります。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「スタンバイOKで〜す」大和和紀(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」で有名な大和和紀先生の初期作品です。女子大生3人組が放送局に入社して…仕事に恋に大忙し!!という話です。

主人公のアンパンはアナウンサー志望でしたがひょんなことからDJ(パーソナリティー)になりました。放送中に感情が高ぶって放送事故になりかけていました。伝説のDJと言われる小森まなみさんを思い出してしまいました(もちろんこの作品の方が古いです)巻末に「青い春のレクイエム」という読み切り作品が収録されています。この作品も主人公がDJですが全然毛色の違う話です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「先生はミニスカートが大すき」大和和紀(ティーンコミックス)
舞台は日本の学園ですが表紙の先生はアメリカ人の教育研修生です。読み始めて気付きました。漫画では金髪で青い瞳でも日本人はザラだし…

名前はジョージ・ワシントン(汗)ジョージは男性の名前なのでは…(通常女性形はジョージア)収録作品は表題作以外に「0083は恋のナンバー」とジャックエンゼルシリーズの「Myプリンセス」です。ちなみに大和和紀シリーズ初期作品集第6集の同タイトルのコミックスも収録作品は同じです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「どろぼう天使」大和和紀(ティーンコミックス)
「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」で有名な大和和紀先生のデビュー作です。その後「ジャックエンゼルシリーズ」として続編が描かれることに…これらの作品を集めた短編集がこの本!!

収録されている続編のタイトルは「月の夜の物語」「星空にこんばんは」「猛犬にご注意」「パリのおじょうさん」の4作品です。ジャックエンゼルシリーズの「Myプリンセス」は「先生はミニスカートが大すき」の巻末に収録されています。ティーンコミックスデラックス版には「Myプリンセス」も収録されていておすすめです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「真由子の日記」原作:島中隆子/画:大和和紀(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」で有名な大和和紀先生の初期の作品です。「あなた自身の日記から…」という副題が付いています。

真由子の日記を通じて語られる平凡な女の子のお話です。そう書かれていますが内容的には女性に幻想を持っている貴方はおすすめしません。読み物として考えれば決して悪い話ではないですが全体的に暗くてウツな話なので読んでいて爽やかな気分にはなりません。ちなみに復刊されていますのでそちらの方で読んでいただければ…

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「モンシェリCoCo」大和和紀(講談社コミックスフレンドシリーズ)
「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」で有名な大和和紀先生の初期の代表作です。少女向けのアニメが珍しかった頃にアニメ化されました。当時の人気がうかがえます。

デザイナーの漫画なので大和和紀先生の絵と相まってオシャレでポップに仕上がっています。また、作品中の欄外に「ココのチャームショップ」なるオシャレなアイテムを紹介しているコーナーがあります。今見ると結構新鮮です。アニメ放映開始時に単行本を発行したので全巻に帯がありますがアニメの絵が載ってなくて残念です。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「私の兄はヌードロン」大和和紀(講談社コミックスフレンドシリーズ)
難関と言われる講談社コミックスフレンドシリーズ(旧KC)の中でも大和和紀先生の単行本は比較的入手できる部類(あくまで他の作品と比較しての話)ですがこの単行本は例外です!難関の部類に属する単行本です。

「兄が宇宙人(異母兄妹なのでハーフですが…)で宇宙から突然やって来て、しかも兄の星では服は着ないので全裸で登場する」などという設定がちょっとブッ飛んでいるので、いくら人気作家の作品でも売れなかったのでは?ちなみに巻末の「ボインでジャンプ!」という読み切りは普通のコメディーです!個人的にはこちらの方が好きです!

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「魔法使いサリー」横山光輝(虫コミックス)
「鉄人28号」「ジャイアント・ロボ」「バビル2世」で有名な横山光輝先生が少女漫画を描いていた頃の代表作です。何度もアニメ化された往年の名作です。

長年コレクターの憧れの一品として人気が高かったです。講談社から「りぼん」連載分をを収録した単行本が復刊されました。読むのなら講談社版が収録作品が一番多いのでおすすめです。ちなみに連載当初のタイトルは「魔法使いサニー」でした。アニメ化する際にグッズの商標の関係でタイトルが変更されました。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「亜紀子」わたなべまさこ(マーガレットコミックス)
少女漫画界の重鎮わたなべまさこ先生のマーガレット連載作品です。マーガレットコミックスの初期に刊行されました。人気作家の作品にも関わらず意外と見かけません。

ボーイフレンドの死、父が病に倒れ、姉の縁談…嫌なことばかりが続く亜紀子だったが健気に生きていく様子を描いた作品です。第2巻に「花かんざし」「ふたりだけの白い馬」という読み切り作品が掲載されています。ちなみに復刊されていますのでそちらの方で読んでいただければ…

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「さくら子すみれ子」わたなべまさこ(ティーンコミックスデラックス)
「ガラスの城」で有名なわたなべまさこ先生が週刊マーガレットに連載した作品です。わたなべまさこ先生のティーンコミックスデラックスでは入手が難しいタイトルです。

わたなべまさこ先生の定番の双子の姉妹のお話です。妊婦が旅行先で双子の姉妹を産んで亡くなり、姉のすみれ子は都会でお嬢様として育ち妹のさくら子は田舎で活発に育った。二人は偶然出会い…という話です。ちなみに復刊されていますのでそちらの方で読んでいただければ…

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「サ・セ・パリ」わたなべまさこ(ジュニアコミックス)
名門に生まれたナポレオン二世は大の女嫌い。あるパーティーで鉢合わせた怪盗エンジェルキッスに弟子入りしたがそのエンジェルキッスは実は女性だった。

ある金持ちの家に泥棒に入ったら破産寸前で盗む金がない状態だったがその家の主人と意気投合してエンジェルキッスを磨いて玉の輿をつかまえることになり、その美しさからお互いに意識し始めますが…ところでナポレオンの実家のVSOP家(「ブイエスオーピーけ」ってルビがふってあります)って一体何なんだ!?巻末に「火の星」が併録されています。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ハイジ」わたなべまさこ(マーガレットコミックス)
わたなべまさこ先生の描いた「アルプスの少女ハイジ」漫画版です。小説を元に制作されていますがページ数(約80ページ)の関係ではしょり過ぎな感じがします。

マーガレットコミックスの中でもコレクターに人気の高い本なため入手困難だと思います。ちなみに花とゆめコミック版(復刻版)がありますがそちらも入手は難しいです。個人的には元版の装丁の方が雰囲気があって好きです。巻末の読み切りは「青いひとみの少女」「お嬢さまお手をどうぞ」「鳩のくる302号室」の3作品で両方共同じです。

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「はだしのプリンセス」わたなべまさこ(ティーンコミックス)
週刊マーガレット連載作品です。だから主人公はマーガレット王女です。当時の漫画ではよくあることですが…地中海に浮かぶ小さな国のムーン・スター王国が舞台のお話です。

国が貧乏なため皇太后は国王にお金持ちのお嬢さまとの再婚をすすめますが王女は国王の再婚には反対です。なぜかお見合いの場所が日本です。どんな展開だ!!コレは!?結局、国が急にお金持ちになりその必要がなくなりますが…その理由は「ガラスの城」と同じ展開です(ちなみにこの作品の方が先です)

【琴線に触れるコレクション・絶版少女漫画編】
コレクションファイル 「ばらの中のリザ」わたなべまさこ(てんとう虫コミックス)
みなしごのリザはふとした事情から大金持ちのケルト家へ孫として行くことに…そこに本当の孫だと名乗るキャンドルがあらわれ…と「ガラスの城」を彷彿とさせる作品です。

小学四年生に連載された作品のためてんとう虫コミックスで刊行されました。カバーにコーティングが無いためコンディションがいい物があまりありません。読むなら復刻版で充分です。ちなみに第2巻の巻末に「白い少女の伝説」「私の中のエレン」が併録されています。


サイトマップ ◆  ホーム少女漫画 トップページ絶版少女漫画コレクション トップページ絶版少女漫画コレクション



Copyright © マニアの館 常葉堂 All Right Reserved.