サイトマップ ◆  ホームお気に入り革小物



こんにちは!マニアの館 常葉堂 (まにあのやかた ときわどう)ホームページ管理人の「はちみつくまちゃん」という者です。絶版漫画のコレクターをしております。
あまり自分の身の回りの持ち物にこだわることなく過ごしてきました。これからは…って思ってハマったのが革小物でした。
革小物で何を買ったらいいか悩んでいるあなたにおすすめのブランドは → こちら
ちなみにおすすめ革小物やコレクションなど マニアの館 常葉堂 に掲載されている画像は私物(コレクション)ですが、お譲りすることはできませんのでご了承ください。マニアの館 常葉堂 はおすすめ革小物を紹介しているだけで販売はしていません。

お気に入り革小物

私のお気に入り革小物を紹介します。私の趣味で買ったのに何となく統一性がありません!?


財布小銭入れカードケースキーケースその他


◆ 財布 ◆
【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「限定品ポケットブック(チョコ)」(大峡製鞄)

【外寸】縦10.5×横20.0×厚さ1.7(cm)
【構成】ラウンド長財布:札入れ×2、ポケット×2、小銭入れ×1、カード入れ×12
【素材】外装:牛革(シュランケンカーフ)、内装:牛革(カード入れ内部布)
エルメス社用に開発されたハイスペックな革であるぺリンガー社のシュランケンカーフを使用したラウンド長財布です。皇室御用達ブランドの大峡製鞄の製品です。
エイジングを楽しむよりは綺麗なまま使うタイプの長財布なので革マニアには向いていないと思いますが一般的にはいい長財布だと思います。個人的に内装のヌメ革の質感は好きではありません。長財布として考えても少し大きめなので鞄に入れて使う人向けです。シュランケンカーフは発色がいいので鮮やかな色をチョイスしてもよかったかな?

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「限定Lファスナー(ダークブラウン)」(土屋鞄製造所)

【外寸】縦10.5×横13.0×厚さ1.0(cm)
【構成】Lファスナー財布:ポケット×1、小銭入れ×1
【素材】外装:牛革、内装:牛革
2015年夏に限定販売された土屋鞄製造所の定番商品「ナチューラヌメ革Lファスナー」の別革仕様バージョン5種類の内のひとつです。ダークブラウンの革には光沢とシボがあるのが特徴です。
新品の時点でエイジングしてあるようかの光沢がありエイジングは期待できないと思います。サブ財布的な財布なのですが思いのほか大きいのでケツポケ派(ズボンの後ろポケットに財布を入れる人)には向いてないです。外装の革がノーマルのLファスナーと比べて薄く中に入っている物の形状が薄っすらとわかってしまう点は残念です。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「穿山甲束入れ(ブラック)」(ア●エス)

【外寸】縦9.0×横18.5×厚さ1.2(cm)
【構成】長財布:札入れ×1、ポケット×2、カード入れ×4
【素材】外装:穿山甲革、内装:穿山甲革、合成皮革
絶滅危惧種なため輸入禁止になっている穿山甲の革を使った長財布です。この工房では珍しい革を使ったアイテムを製造販売していますが品質に問題があり二度と買いたくありません。
まず被ることのない珍獣「穿山甲」の革を使い、(穿山甲にしては)リーズナブルな価格で販売しているため購入しました。しかし内装に使っている合成皮革が古い物だったらしく購入時からベタ付くというお粗末ぶりには呆れました。交換には応じてくれましたが交換品も同じくベタ付いているという事態に諦めて泣き寝入りをしました。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「ブライドルミニ財布(ダークグリーン)」(万双)

【外寸】縦8.7×横9.5×厚さ1.5(cm)
【構成】二つ折り財布:札入れ×1、ポケット×4、小銭入れ×1、カード入れ×1
【素材】外装:ブライドルレザー、内装:牛革
外装はブライドルレザー、内装にヌメ革を使用した一般的なサイズよりひと回り小さな二つ折り財布です。菱縫いと呼ばれるステッチは美しいです。革マニアに人気が高い万双の製品です。
二つ折り財布では珍しい開くのを止めるためのボタンがあるのが購入の決め手でしたがカード入れの容量があまりにも少なくその辺りは不便です。バラ傷(牛の身体にあった傷痕)が目立つところにあるのが残念です。ブルーム(革に染み込ませたロウが浮き出た物)でよくわからなかったです。それ以外は凄くいい物なのにね…


◆ 小銭入れ ◆
【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「ゴートレザー小銭入れ(ワイン)」(GANZO)

【外寸】縦7.5×横7.0×厚さ1.0(cm)
【構成】小銭入れ:小銭入れ×2、ポケット×3
【素材】外装:山羊革、内装:山羊革
ゴート革(山羊革)の小銭入れです。光沢があり発色もよく細かいシボがあるため傷が付いても目立たなくてよさそうです。革マニアに評価の高いガンゾの製品です。
小銭入れが2つに分かれているので使い勝手がいいです。ただ思ったより容量が少ないので容量を考えるなら別の形状の小銭入れをチョイスしたほうがいいでしょう。ガンゾの公式オンラインショップのラインナップにゴート革のシリーズが見当たりません。おそらく購入した名鉄百貨店限定のアイテムだと思います。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「カメ角型ジッパー式小銭入れ(ブラック)」(キンラン)

【外寸】縦11.0×横6.5×厚さ1.5(cm)
【構成】ラウンド小銭入れ:小銭入れ×2、カード入れ×1
【素材】外装:亀革、内装:牛革
ワシントン条約で輸入が禁止されている貴重な亀革の小銭入れです。タグを見る限りメキシコ産の亀革を使用しています。浅草の職人さんが手作りで製作した物のようです。
表側(ポケットがある側)は手の部分、裏側は首の部分を使っているようで表裏の違いに違和感を感じます。亀革と謳うなら基本的には手の部分を使用すべきです。コバの処理など細かい作業が雑なので貴重な革がもったいない気がします。チャームがただの鎖という状態なのは駄目な気がするのでこの点は改善をして欲しいです。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「センザンコウBOX型コインケース(ブラック)」(COLORE)

【外寸】縦7.5×横7.5×厚さ1.5(cm)
【構成】BOX小銭入れ:小銭入れ×1、ポケット×1
【素材】外装:穿山甲革、内装:牛革、布
ワシントン条約で輸入が禁止されている穿山甲の革を使用したBOX小銭入れです。日本製らしいのですがメーカーを調べてもよくわかりませんでした。
穿山甲革独特の菱形の模様が美しいです。革質的には革小物に向いているような気がしないのは気のせいでしょうか?購入時に傷が付いていたのは残念ですがその分安かったので仕方ないと思います。BOX小銭入れは開いた時に小銭が探しやすいので使い勝手はいいと思います。隙間から小銭がこぼれることもなく造りは悪くないです。


◆ カードケース ◆
【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「パスケース(ヌメ)」(IL BISONTE)

【外寸】縦10.5×横7.5×厚さ0.2(cm)
【構成】単パスケース:カード入れ×1
【素材】外装:牛革、内装:牛革
イタリアのカジュアル系ブランド・イルビゾンテの単パスケースです。イルビゾンテはデザインも色も種類が豊富なので「こういうのが欲しい」に対応しやすいブランドです。
記念suicaを入れるために中が見える単パスケースを探していました。イルビゾンテはカジュアル系のデザインが多いのですが単パスケースではそんなに差が出ないのでフォーマル系のデザインが好きな人にもおすすめできます。革小物マニアがおすすめするエイジングが特に速いヌメ色を購入したので経年変化が楽しみです。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「ドイツシュリンク カードケース・ファスナータイプ(ダークネイビー)」(KRONA)

【外寸】縦11.5×横7.5×厚さ2.0(cm)
【構成】カードケース:カード入れ×1
【素材】外装:牛革(シュランケンカーフ)、内装:牛革、ゴム
外装にぺリンガー社のシュランケンカーフ、内装に栃木レザーを使用したカード入れです。日本製らしいのですがメーカーを調べてもよくわかりませんでした。
厚手でカードがたくさん入り、大きく開く様にマチがゴムでできており使いやすいです。工夫の跡が見受けられますがゴムの耐久性に関しては未知数です。外装のシュランケンカーフばかりに目が行きますが内装の栃木レザーの質も良く、縫製などの面でも及第点をクリアしていてコスパフォーマンスが高い製品です。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「名刺入れ(グリーン)」(HERZ)

【外寸】縦11.5×横7.5×厚さ1.5(cm)
【構成】名刺ケース:カード入れ×2
【素材】外装:牛革、内装:牛革
厚手の革を使い太めの糸で縫製された頑丈な名刺入れです。老舗の鞄工房のHERZの製品です。実は直営店で縫製が歪んでいるB級品を割安に購入した物です。
名刺入れとしては珍しく蓋がホックボタンでとめることができます。名刺入れと考えると大きめなので使いにくいかもしれません。頑丈に作られているので長く使いたい人向けです。グリーンをチョイスしましたがキャメルがイチオシです。直営店に以外では受注生産になるため1ヶ月以上かかるのが難点です。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「クロコダイルパスケース(ブラック/レッド)」(池田工芸)

【外寸】縦10.5×横7.5×厚さ0.2(cm)
【構成】カードケース:カード入れ×3
【素材】外装:クロコダイル革、牛革、内装:牛革
黒と赤の配色が美しいカードケースです。黒色のシャイニングクロコと赤色の牛革で構成されています。老舗のクロコダイル製品のブランド池田工芸の製品です。
独特のふっくらとした丸みをおびた斑が並ぶクロコダイルは手間のかかるシャイニングクロコのボンベ加工をしています。ただ、あまりにも輝いてるのと斑が独特なため合成皮革のクロコ押しに見えなくもないのが困り物かもしれません。カードケースとしてはカードの出し入れがしやすくて使い勝手はいいです。


◆ キーケース ◆
【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「ナチューラヌメ革キーケース(ロッソ)」(土屋鞄製造所)

【外寸】縦10.0×横5.5×厚さ3.0(cm)
【構成】キーケース:キーリング×4
【素材】外装:牛革、内装:牛革
2015年冬(クリスマス)に限定販売された土屋鞄製造所の定番商品「ナチューラヌメ革キーケース」の限定色です。ロッソとはイタリア語で赤の意味です。
元々、ナチューラシリーズは厚手のヌメ革を使ったシンプルな革小物シリーズなので使い勝手と頑丈さはいいです。キーをかける部分がフックではなくリングになっているところもいいです。通常色は茶系しかないのでこの限定色は華やかでいいと思います。この製品はコストパフォーマンスが優れている点も魅力です。


◆ その他 ◆
【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「ラムレザーグローブ(ブラウン)」(GIVENCY)

【外寸】全長24.0×横11.0×指の長さ9.0(cm)
【構成】手袋:ポケット×1
【素材】外装:羊革、ウール、内装:ポリエステル
ジバンシィのラム革を使った手袋です。マチの部分はウールを使っていてワンポイントになっています。日本の商社によりライセンス生産された製品で中国製です。
ブランドのロゴは手首の内側の部分に刻印されていますが目立たないのでいいと思います。デザイン的には気に入っていますが手首のベルトを留めるのがマジックテープなのが残念です。内装はポリエステルですが暖かくていいと思います。フィット感がイマイチなので今度は外装がオール革の手袋も欲しいかも?

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「エルクシリーズiPhoneケース(カーキ)」(PARLEY)

【外寸】縦15.0×横9.5×厚さ2.0(cm)
【構成】スマホケース:ポケット×1
【素材】外装:エルク革、内装:エルク革
パーリーのエルクシリーズはフィンランドエルク(ヘラジカ)を使った革製品です。スマホのサイズが様々あるためスマホケースのサイズも数種類あります。
エルク革は肉厚で弾力に富んだ柔らかい革なのでスマホの保護としても効果があると思います。ある意味鹿革なので画面を綺麗にする効果もありスマホケースに適している素材です。野生動物の革を使用しているのでバラ傷(身体に付いた傷痕)が普通の製品より多いので現物を見て買うことをおすすめします。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「ザ・ピッグスキンペンケース(茶)」(大峡製鞄)

【外寸】縦4.0×横18.0×厚さ2.5(cm)
【構成】ペンケース:ポケット×1
【素材】外装:豚革、内装:豚革
基本的には輸入に頼っている原皮ですが豚革は日本で製造されて輸出される数少ない存在。世界に誇る豚革を使ったペンケースです。製造は皇室御用達ブランドの大峡製鞄です。
ちょっと硬めな豚革で型崩れしなさそうでいいです。温かみのあるステッチは美しく、丁寧にかつ丈夫に縫製されています。個人的にはファスナーが金色がいいと思います(大峡製鞄は金色のファスナーを使用することが多い)側面に押された「大峡製」の刻印がクオリティーの高さを証明しています。意外とリーズナブルなお値段なのが嬉しいです。

【琴線に触れる・お気に入り革小物編】
お気に入りファイル 「マストラインセカンドバッグ(ボルドー)」(Cartier)

【外寸】縦16.0×横24.0×厚さ7.0(cm)
【構成】セカンドバッグ:ポケット×1、内ポケット×1
【素材】外装:牛革、内装:布
ファッションブランドというよりは宝飾ブランドのカルティエ。そのカルティエのマストラインのセカンドバッグです。外装は牛革の型押しレザーで傷が目立たないところがいいです。
外装のボルドー色はいかにもカルティエといった感じで落ち着いた雰囲気に…内装が革ではなく布になっていますが鞄の内装は布の方が使いやすいと判断してのチョイスです。持つためのハンドルがあれば持ちやすくなっていいと思うのでその点は残念です。他には中に仕切りがあった方が使いやすかったかな?


サイトマップ ◆  ホームお気に入り革小物



Copyright © マニアの館 常葉堂 All Right Reserved.