(Ver1.2/ for Windows XP〜8)

トップページに戻る

◇インスト−ル方法

ququtore12.zipを解凍してつくられたフォルダ [qq] には、以下のファイルとフォルダがあります。 そのままququtore.exeから起動してください。
アンインスト−ルはフォルダ [qq] ごと消去するだけです。

◇使い方

起動すると、下図のような画面がでます。(実寸大)
ただし、この画面は すでに<ステップ1のAタイプ>を指定し、「2の段」を限定しているところです。
ここから「スタ−ト」ボタンをクリックすればAタイプの練習が始まります。

【ステップ1(練習/暗記)】

覚えるために3つのタイプがあります。
画面上に一応の説明がありますが、一通り試してみてください。

《Aタイプ》

たとえば、3×4は、3個の数のブロックが4個あるというイメ−ジを表してみました。

《Bタイプ》

暗記の一助になればと動物などの絵を組み合わせてみました。

《Cタイプ》

加減算が直線上の数の問題であるのに対して、掛算が平面上のであるというイメ−ジで表してみました。
(後々の理解のために)

A、Bは「読み」の音声がありますが、Cはありません。
いずれの場合も画面を見ながら、大きな声で読み上げることが習得への近道です。
AかBを指定すれば、「試聴」ボタンで音声を聞くことができます。
音声は小さめになっていますので適量に合わせてください。
音量が小さすぎる場合は、ボリュ−ムコントロ−ル([コントロ−ルパネル]→[サウンドとオ−ディオデバイス]→[音声]→[音量])の 「WAVE」の音量をチェックしてみてください。
ステップ1は、「段」を指定しないと「スタ−ト」ボタンが押せません。
「全段」は『1の段』から『9の段』まで一巡して終わりますが、(Bタイプは『1』は省略です) 段を指定した場合は、「ストップ」ボタンを押すまで同じ段を繰り返します。
さらに右下の ボタンでその時の掛算を10回繰り返すことができます。
その下のゲ−ジ は、『絵』の動く速さです。
ゲ−ジの左端のボタンを押せば遅く、右を押せば速くなります。

【ステップ2(実戦)】

チャレンジ

『1の段』から『9の段』まで順に、テンキ−ではなく、数字ボタンで答えていきます。
正解、不正解及び正解時のタイムが記録され、終了後表示されます。
成績は3回まで記録し、それ以上は順次古いほうから消していきます。 この記録の平均を「成績」ボタンで見ることができます。
全問正解すると、次からは出題順がランダムになります。(これをクリア−すれば、このソフトは不要ということです)

にがて

記録から、平均8秒未満で正解した箇所以外を重点的に行ないます。
出題順はランダムです。 記録がない場合はできません。

◇ 開発環境

(CPU)DIMENSION-5150C Pentium(R)D CPU 2.80GHz2GB RAM
(OS) Microsoft Windows XP Home Edition
(言語) HSP(ver3.0)

◇ 著作権・その他 このソフトはフリーウェアです。 このソフトの使用によって生じたいかなる損害についても、作者は一切責任を負いません。
本ソフトで使用している画像は、十数年前に購入した『マスタークリップ41,000』のフリ−素材からのものです。 商用で転載・配布される場合は、当方はかまいませんが、「エイチツーソフト」の許諾が必要になると思います。
以下はその注意事項の抜粋です。

マスタークリップ41,000のコンテンツは、著作件フリーですが、これはプレゼンテーションや、 社内報等の非商用利用を前提としたものです。クリップアートをCDーROMタイトルや印刷物 の表示の一部等として商用目的で利用する場合には、別途許諾条件があります。 下記の、製品お問い合わせ先まで御相談下さい。
エイチツーソフト TEL:0422−41−9670
エイチツーソフトはロックインターナショナルとOffice 4℃が共同で発売しているソフトウェアのブランド名です。