(Ver 1.0 / for WindowsXP〜8)

トップページに戻る

◇インスト−ル方法

kenmas.zipを解凍してつくられたフォルダ [kenmas] には、以下のファイルがあります。 上位3つのファイルが同一フォルダにないと起動しません。

アンインスト−ルはフォルダ [kenmas] ごと消去するだけです。

【付録@】都府県名ジグゾーパズル

46都府県のピースをはめ込む定番のジグゾーパズル(北海道は除く)
右下にピースを移動させると、正しい向きに直して名前を声と画面で教えてくれます。

【付録A】テスト用紙

A4版でのプリントアウト用PDFファイル(習得最後の確認に)。
(ここで附けられている都道府県の番号は、教材に合わせてあります)

《ディスプレー制限》

ディスプレーの解像度が上下方向で768より小さい場合は使用できません。
主だった島の位置をできるだけ正確に表示しようとして、大きくなってしまいました。 推奨は900以上で、768でもできますが、北海道の一部と沖縄より南の島が隠れてしまいます。

◇使い方

KenMas.exe から起動してください。


[メイン画面(実寸の2分の1サイズ)]

起動すると、メイン画面の日本地図の右下にメニュー画面がでますので、 ここで各コースを選択してスタートボタンから開始します。
終了はスタートボタン右上の終了ボタンかウインド右上の終了ボタン[×]。

【暗記コース】

暗記するために3つのタイプがあります。

@地図をクリックで県名表示

地図をクリックすると、左上に都道府県名が表示され、読まれます(音声あり)。

A県名クリックで地図を赤色表示

右下に都道府県名のボタンキーが表示されますので、これをクリックすると 該当する都道府県が地図上で赤く表示され、都道府県名が読まれます(音声あり)。
キーは左上から下へ50音順の配列です。 (使用している漢字は小学4年生を対象にしています)

[50音順/都道府県名ボタンキー(実寸大)]

B地方別自動表示

地方別に、順に地図と都道府県名が表示されていきます。
これは、ある程度名前を知らないと効果はありません。 (北海道、沖縄県は除きました)
以外に間違えやすい 秋田と山形、茨城と栃木、島根と鳥取などの場所をしっかり覚えるためです。 たとえば、関東なら「刀」という字の書き順で
 「ぐん、とち、いば、ちば、さい、とう、かな」と覚えます。
音声が終わるまで2巡します。ただし、地図上の表示とは、音声は合わせていません。

【チャレンジコース】

こちらも3つのタイプがあります。

それぞれのコースで3回連続で正解すれば、出題されなくなりますので 習得に合わせて進めることができます。

@表示された都道府県を地図上でクリック

左上に表示された都道府県を、地図上でクリックして答えます。

A地図上に赤く表示されたところを答える/都道府県ボタン

右下に都道府県名のボタンキーが表示されるので、地図上で赤くなった都道府県をこのボタンキーで答えます。

B地図上に赤く表示されたところを答える/ひらがなボタン

右下にひらがなのボタンキーが表示されます。(下図)

[ひらがな文字キー(実寸大)]

地図上で赤くなった都道府県名をひらがな一字一字を入力して答えます。
濁音や小文字は、色を変え、使用しないキーは除いてあります。
また、県用に「けん」の短絡キーもつけてあります。 府や県を忘れると、警告がでます。(不正解とされます)

いずれの場合も、右下の「中断してメニューに戻る」ボタンか、 表示されているキーボードの「×」を押すことで、最初の選択画面に戻れます。

◇著作権・その他

このソフトはフリーウェアです。
転載、配布は内容を変更しなければ自由です。 また、商用で転載・配布される場合は、事後でかまいませんのでメールでご連絡下さい。
このソフトの使用によって生じたいかなる損害についても、作者は一切責任を負いません。