自立支援センターるっく 概要


@ 自立支援センターるっくの歴史

2001年
4月
・「自立支援センターるっく」を愛知県刈谷市に開設
7月 ・作業所「るっくコーポレーション」(以下「コーポ」を開設
2002年
3月
・「自立支援センターるっく」が名古屋市南区(現在地)に移転
2003年
7月
・「コーポ」が名古屋市小規模作業所補助金の対象施設になる
10月 ・「自立支援センターるっく」開設前にあった学寮のなまえを「ドーミトリーあちゃ」とする
・「あちゃ」が知的障害者地域生活援助事業指定事業所になる
2004年
11月
・「コーポ」が愛知県障害者職業能力開発校の委託訓練施設になる
2006年
10月
・障害者自立支援法の施行による指定サービス事業所になる。
・「コーポ」は多機能型就労支援事業所
 〜就労移行支援事業
 〜就労継続支援B型事業
・「あちゃ」は共同生活介護事業所
 〜ケアホーム(障害程度区分3)
 〜宿直業務開始
2008年
3月
・職員が第1号職場適応援助者(ジョブコーチ)の資格を取得
2008年
9月
・職員が愛知県障害者就労支援者養成研修を修了
2009年
11月
・「ら・びすた〜ふるーる」自立訓練(生活訓練)施設を南区宝生町に開設



A 名古屋での施設

(1)所在地:名古屋氏南区扇田町32ー1
(2)建築物面積等:木造2階建 1階約39.5坪 2階約31.4坪/計70.9坪

★1階部分★

・るっくコーポレーション
・事務室(センター及びNPO法人)
・台所、トイレ
・ショートステイ用宿泊室
・トイレ(2か所)、風呂(2か所)
★2階部分★

・寮生の部屋
・フリースペース(約7坪)
・ベランダ(約3坪)
・トイレ(1か所)


B 事業内容


(1) 自立支援事業

・るっくコーポレーション
 就労移行支援事業
 就労継続支援B型事業

★対象者:毎日または定期的に通所し、就労に必要な労働姿勢や生活習慣を習得したい人
・ドーミトリーあちゃ
 共同生活介護事業
★対象者:一般企業で働いている人、もしくはるっくコーポレーションの利用者に限ります。
・ら・びすた〜ふるーる
 自立訓練(生活訓練)
 
★対象者:自立にむけて時間をかけて、ゆっくりと安心して成長していきたい人。
・就労・生活支援事業 ★対象者:見晴台学園卒業生、るっくコーポレーションを以前に利用者した人で支援を受けたい人。
       その他の人は、面接にて希望をお聞きしながら検討します。
・るっく企画 ★対象者:るっくファミリーの会会員、見晴台学園卒業生、るっくコーポレーション利用者、
       ドーミトリーあちゃ利用者



(2) 相談事業

・子育て相談会 ホームページまたは新聞等で事前に開催をお知らせします。参加費が必要です。
・個別相談 必ず事前に電話でご予約願います。料金が必要です。
・電話相談 緊急の場合のみ受け付けます。



(3) 講習研修事業

・オープンカレッジ




トップ