kencube


とっても美味しく、楽しい昼食会が終わったとき、その場所で、

「第1回 サーモンフィッシング 選手権」を

行うこととなりました。 

第一回サーモンフィッシング選手権

このプールの大きさは 全長200m以上もあり。

そこは、ポイントが広く、最上流から最下流まで鮭が点在して定位しているポイントなのです。

ストリーマでの釣りで、一度に10名以上が釣りを出来る場所で、ただ入るだけでなく"釣りになる”という素晴らしい状況でしたので、

「せっかくこんなに良い場所に来ているのだから」と、この釣り大会を行ったのです。

真剣なものではなく、誰が一番最初に釣るか! それを決めようというものでした。

早釣り勝負!

瀬掛かりなどのスレは無効!

カラフトますは鱒ですので、

シルバーサーモンとチャムサーモン(白鮭)を、口に掛けての勝負でした。

「僕参加しま〜す!」・・・「僕も!」・・・・「俺も!」・・・・・・・・・

10人近くの釣り人が一斉に釣りを始めたのです。

そんなに多くの人が、一度に鮭釣りが出来るのだろうか?・・・・・

そう思った瞬間!

次々とヒット! 

 

しかし、

皆さん慌てているのか、バラシ、ラインブレイクの連発!

私も、鮭を4本連続ヒットさせましたが、全てラインブレイク!

(これ直ぐ後から解ったのですが、リーダーの問題で、この3時間前に撮影のためにナイロンのものを使用してしまったのです。大切なのはメーカーです!)

なかなか上がらない魚の中には、スレ掛かりもあるようなのです。

 

「スレは無効です!口にかかった鮭のみ有効で〜〜す!」・・・・・・・・・・

この人数で、一度にワイワイと楽しく、ストリーマでの釣りが出来てしまう環境に驚きです!

一息、切られたりバラしたり大騒ぎをしていたら、さすがのロシアでも小休止となってしまいました。

その後、

カラフト鱒は横井氏が釣りました。

ルアーでは大木さんがヒット!

しかし、フライでのサーモンは・・・・・・・・???

 

 


ブッチギリに早かったのは、広島の上田君でした。

なかなか渋い状況になっていたのですが、

そこへ、最上流で黙々と釣りをしていた稲垣君がヒット!

しかも、かなり走られていて、必死の形相!なのです。

 

果たして上手くランディングが出来るのでしょうか


 

この劇的なシーンを、撮影し、フォトアルバム・ムービーを制作しました。

 

 

ガンバレ! イナガキ君

 

 

 

このシーンは、

本人は必死でしたでしょうが、

見ていた方は最高に面白かったです!

 

いいキャラをしていますね。

 

今回のツアーで、かなり多くのサーモンを釣り、満足していました。