kencubeのトップページ


シューティング・スペイ ライン

パワーヘッド  7m

このラインは、 以下の6パターンを発売する予定で考えております。  

フローティングライン 4ティップチェンジャブル(フローティング、タイプ1、タイプ2、タイプ4)

インターミディエイト 

インターミディエイト  T2ティップ

タイプ2

タイプ3

タイプ4

 

 

このラインは、 シューティングスペイ、オーバーヘッド、クイックスピン・キャスト、あらゆるキャスティングが出来る、特別なテーパーのラインです。

ショートなシューティングヘッドは、他社でも販売していますが、その大半はターンをしない物がほとんどです。

今回、独自の特別なテーパーを採用し、ターン性能をより良くして、キャスティング飛距離を最大限に生かしたラインです。

 

K・Bullet  SD#10、 SD#8は、そのままでご使用ください。

K・Bullet  SD#7 は、このラインをリア側から、50cm〜1mカットしてご使用ください。

K・Bullet  SD#6 は、このラインをリア側から、1mカットしてご使用ください。

 

#8ロッドで、1mカットした全長6mのラインでもキャストできます。

K・Bullet SDシリーズは、ラインウエイトの対応の幅が大きく設計してあります。

 

川で使用される場合は、短いほど有利なことが多いのです。

その他、バックスペースがほとんど無い場所では、ラインは短い方が有利です。

そこで、7mラインは後端のブレイテッドループを接続する時、たとえは赤いスレッドで止め

6mラインにカットした物は、ブラックのスレッドで止める様にして、ブレイテッドループの止めるスレッドの色分けをして、

6m、7mと2種類の長さのラインを用意しておくと便利です。

短く、キャストしやすいために、ソルトウォーターでこのラインは大活躍します。

 

kencube 制作

 

SD#10用、 SD#11−12 用の パワーヘッド#10−12を 2009年春 発売予定です。

 

パワーヘッド7mよりも、パワーがあり #10以上のロッドにお勧めです。

 

ソルトでボートの上からキャスティングする場合は、このラインをベストなウエイトでカットして使用すると

かなり短いラインが作れ、足の速いなぶらを狙う釣りには、有利になります。