kencube

2009年7月26日追筆



ベストなラインを求めて!

 

多くの方から、シューティング・スペイを行うにはどのラインがよいか教えて欲しいと、多くの問い合わせがあり、連日ベストなラインを求めて研究してきました。

シューティング・スペイ というキャスティングは、いわゆるペリーポークといわれるキャスティングとは違い、格段の飛距離を得られるキャスティングなのです。

ペリーポークといわれるスペイ・キャスティングのみを行うのであれば、通常のスペイラインで問題はないようなのです。

 

しかし、私たちが求めているキャスティングは HPシューティング! です。

このキャスティングは、バックスペースの狭い場所では、スペイキャスト(シューティングスペイ)を行い、バックスペースがある場所などでは、断然飛距離が得られるオーバーヘッドキャストを行えることを基本としているのです。

 

1本のロッドで、1本のラインで、場所を選ばず思うように自由にキャストでき、

狙ったポイントへフライを届かせる事を目的としているのです。

 

連日シューティングを行ってベストなラインを求めてきた所、解ってきたのは、

このキャスティングにはこのキャスティングに合うテーパーがあることです。

 

オーバーヘッド用のシューティング ヘッド ライン

スティールヘッド ライン

ソルト用 ライン

スペイ ライン

アンダーハンド用 ライン

全てテストしてきましたが、どれも一応はキャスト出来ますが、ターンが悪かったり、アンカーが切れやすかったり、飛距離が思うほど出なかったのです。

 

通常のシューティングヘッドでもシューティング・スペイは出来ます。

スペイラインでも、シューティング・スペイは出来ます。

 

そかし、そこで満足せず、より遠くへ!より簡単にシューティング・スペイが出来るようにするには、専用のテーパーが必要なのです。

シューティング・スペイには、シューティング・スペイ専用のラインがあれば、より有利になってくるのです。

 

そこで、いろいろなラインを切り、そして繋ぐ事を繰り返し、もっと短く、キャストしやすいラインは作れないだろうか?と連日試行錯誤してテストしてきました。

市販品にはない シューティング・スペイやオーバヘッドのどちらもが行いやすいラインを求めたものです。

2007年 6月 26日

ミッド スペイラインを 3個用意し、数カ所 細切れにして、それを繋いで、ベストなテーパーを求め 理想のラインを制作。

それまでに何度かラインをカットしてテストしてきましたが、どれもが失敗ばかりでした。

切ったラインは、捨てずにケースに巻いておき、切ったときの状況をノートにメモっておくことが必要です。そうしておけば、また繋いで使用が出来ます。

 

6月26日、午後 SD#8用  13m のラインを制作し、 近くの野池でテストしてきました。

シューティング・スペイ でのテストでは、 驚くほどターンが良く、タイトループでオーバーヘッドキャストをしたようなループが出来飛んでいきました!

無風で、45m前後も飛んでいったのです。(ランニングラインが28〜29m+ライン13m+リーダー 3.6m)

オーバーヘッドでは、さらに飛んでいき、ラインが全て出てリールのドラッグが鳴るほど飛んでいくのです。

 

それを基本に、さらに短くさらにキャストしやすい物を制作!

それが、SD#8用 11.5m ラインです!

 

#8用のラインはこれで完成。でも1本作るのに 2万円〜3万円は必要になってしまいます。

今までいくつもラインをダメにしてきまして、諦めていましたが、もの凄いラインが出来安心しました。

 

 

そして、ついにその究極のライン設計がある程度つかめたので、アメリカのコートランドが制作したのです。

そして、第1回目のサンプルが出来上がってきました!

しかし、微妙にターンが悪くなってしまったために、再オーダーです!

 

解ったことは、各タイプ、フローティングライン、タイプ1、タイプ2、タイプ3、タイプ4 それぞれが、違う性質をしており

それぞれにテーパーを開発しなければならないことです。

(今後完成したラインは kencube の販売となります)

その後、微調整を終え出来てきた2回目の試作ライン。

 

なかなかベストな物は作られてこなく、これを またまた 切って繋いで、

最新のベストなラインを作り、再度サンプルとしてアメリカへ送りオーダーしました。

 

ライン作りは、簡単ではないですね!

 

2007年  7月   

またまたラインのサンプルが出来上がってきました。

 

今度のラインはさらにぶっ飛び!

7月に送られてきたサンプル

 

徹底的に研究し、完璧なラインを試作しようと開発中です!

 

2008年 4月 

#8用   11.5m   フローティングライン、 タイプ2、 タイプ3、 タイプ4

#10用  12.5m   フローティングライン、 タイプ2、 タイプ3、 タイプ4

この8種類のラインの、ライン最終サンプルが出来上がってきたのです!

 

フローティングラインでのキャスティングを撮影してきました

フローティングラインでのキャスティング

 

 

2008年 7月、長らくお待たせ致しましたが、ついにラインが完成!

その後、次々と新しいラインが作られてきております。

 

 kencube シューティングスペイ・ライン をご覧ください!

シューティングスペイラインのラインナップがアップしてあります!

 

kencube ネットショップにて、好評発売中!


今後発売予定のライン