kencube


申し訳ありませんが、動画の音声がうるさいときは、ボリュームを下げ、写真等を見てください。

動画を見るときのみ、ボリュームを上げると 煩わしくないです。

よろしくお願いいたします。


 

バックスペースをあまり必要としないライン。

簡単にストリーマが飛んでいってしまうライン。

流れに弱いシンクティップ系(フローティングベース+シンキングティップライン)ではなく、 通常の シンキングライン。

川で多く必要とされるのですが、小場所も探れる短いライン。

スペイでもオーバーヘッドキャストでも両方キャスト出来るライン。

 

こんな都合の良いラインを求め、いろいろなラインをつなぎ合わせスムーズにキャストできるラインを開発しました。

 

そして、このラインは完成したのです。

 

6.9〜7.5m 自由にカットして使用できる kencube 制作  タイプ2 ライン

 

SD#7  もしくは SD#8 用のラインで、ショートラインを制作しました。

このラインは、スカジットラインと同じような物ですが、フルシンクのタイプ2 ラインなのです。

短く、バックスペースをほとんど必要としなく、ロッド1本半分以下のスペースで、40mちかくの距離を安定して出すことが出来る

特別なラインです。

 

スカジットのような、スナップTとかZとかの難しいキャストは全く不要!

 

ロールキャストも不要!

 

ラインをリトリーブし、ロッドティップまで来たら、ロッドの先端を上げると、ラインは水面にでてしまうほど短いのです。

長さは、6.9〜7.5m

そして、ラインを自分の横に置き、

オーバーハングを1.5m位とって、

オーバーヘッドのようにシュートするだけ!

 

それだけのキャストで飛んでいってしまうのです。

 

超簡単なキャスティングで、スペイが出来てしまうのです!

 

これは特別なスペシャルラインなのです

 

ラインの長さですが、7.5m そのままが一番使用しやすい長さです。しかしさらに短いラインを求めるならば先端よりカットし、最短6.9mまで使用できます。

#8ロッドの場合は、出来るだけ7.5mのまま使用してください。

#7ロッドの場合は、全長がフィート短いので ラインも6.9mまで短く使用できます。


このラインを使用しての、キャスティングを写真と動画で説明しましょう!

 

ジェルソンにキャスティングを行ってもらいました!

 

フライは、全長6cmの マラブーストリーマと同様のヤーンが取り付けてあります。

リトリーブしてきたラインがロッドの先端まで来たら、ロッドティプを上げます。

ラインが短いので、特別なポイント(カケアガリが近い)場所以外は、ロッドの中にラインを入れなくても良いことが多い。

この状態で、ラインは水面近くに浮くので、ロールキャストはしなくても良い。

水面近くに浮いたラインを、ロッドティップを後方に持って行き

自分の横、後方に置く。

その直後、前方にロッドティップを倒し、後方から前方にラインを置く

U字にラインを折り返すのです。

 

折り返した直後、オーバーハングを 約1.5m取って、

そこから後方にロッドを振りシュート!

 

タイトループが出来、 ラインはぶっ飛んでいきます!

 

バックスペースはほとんどいらなく、簡単に40mさきまでフライが飛んでいきます。

見ての通りで、真っ直ぐにラインは伸び、完璧なターンが出来ています。

 

このキャスティングが出来れば、今までルアーしか攻められなかったポイントがフライでガンガン攻めていけるのです!

川でも、湖でも「バックスペースがない場所ではフライは振れない!」 そう思われていた時代でしたが、今は違います!

今まで誰も攻めていなかった場所。

そんな場所に潜む魚たちは、すれていなく、爆釣出来る期待は大きい!

 

このラインを持って、大物を釣りまくりましょう!

 

今は早いもの勝ち!です。

 


実際に、キャスティングしている動画をお見せしましょう!

 

 

簡単にキャスティングが出来、ストリーマが40m近く飛んでいってしまうのです。

 


このラインは、kencubeで制作してる物ですが、ベースラインが今現在売り切れになってしまい、 kencube ネットショップの在庫も即座に完売となってしまいました

そこで、

アメリカへ、7mの全長にて特殊なテーパーのラインを注文しました。

今後、今回紹介したラインよりもさらにキャストしやすい、Newラインが出来上がってきます。

 

K・Bullet  SD #7そして #8 専用ラインです。

今のところ、このラインで#2/のストリーマを2本付けキャストできる能力を持っています。

サクラマスは、SD#8で狙えます!

 

ラインの種類は、タイプ1、タイプ2、タイプ3、タイプ4

 

K・Bullet  SD   #10用も開発中です。

 

まずは、

K・Bullet  SD #7そして #8 専用ラインで、

年内を目標に、メーカーに依頼をしていますが、なかなか出来てこない状態です。

 

発売日が決まらない状態であること、

数量が限られていることなどから、

このラインの予約はいっさいお受けできませんので、ご了承ください。

数が解らなくなると、トラブルの原因ですから、よろしくお願いいたします。

 

詳しいことは、kencubeのHPに、決まり次第 アップしていきます。

そして、kencube ネットショップ にて販売をいたしますので、

ラインの必要な方は、定期的にHPをチェックしてください。

 

よろしくお願いいたします。

 


SD #7を使用し、このラインを6.9mにカットし、使用した映像があります。

それがこのページです。  SD#7 使用