リンクアーム&リヤサス交換

リヤ周りの仕様変更時にリヤサスのリンクアーム内のベアリングにはグリスアップしておいたが、最近になって
ギシギシと異音が出てきたのでベアリングの交換を実施することとしました。

どうせ、ベアリングを新品に交換するのなら、リヤサスも交換しようと思いA12タイプのものを○オクでゲット
して、リンクアームもA12のものをバイク屋さんで注文&入荷したので交換作業の開始です。

本当は、オーリンズとかが良かったんですが、高くて手が出ません。それでも、今付いている20年前のものより
は良いはずです。

リンクアームベアリング挿入


A12のリンクアームはオークション
では出ていないので、新品パーツを
購入しました。
(A12以降はグリスニップル付)

新品のベアリングです。
今回も純正パーツではなく、市販品
のものを調達しました。

要らないソケットレンチを使って、
ハンマーで挿入です。

グリスニップルの穴を塞がないよう
にベアリングをアームのセンターへ。
ソケットと寸切りボルト・ナットを
使って、ナットを締めこんでいけば、
ベアリングの移動が簡単にできます。

ベアリング挿入完了です。

ベアリング挿入後は、内面にモリブ
デングリスを塗布します。

新品のオイルシールを嵌めてリンク
アームの準備は完了です。

【ベアリング参考価格】
  純正品を全てそろえると5,828円になりますが、市販品では4,568円でそろえることができます。

純正品番 純正品名 純正品価格 今回使用品(NSK製) 市販品価格
92046-1110 ベアリング(ニ-ドル),BM202726 998*1個 RLM2025 800*1個
92046-1112 ベアリング(ニ-ドル),BM202715 966*5個 RLM2015 710*5個

リヤサス交換

バイクを吊るためにガレージの梁か
らチェーンブロックを吊るします。

シートレールに車の牽引用ロープを
掛けてバイクを吊ります。

サス交換後に少し走ってみたんですが、やっぱり20年前のサスよりも良い感じです。
ふわふわ感もなく、交換前聞こえたギシギシ音もなくなりました。

GPZ900R(Ninja)のページへ戻る

スリーブは2個は流用します。
1個は長さが違うために新規購入し
ました。
(写真には写ってませんが)

まずは、リンクアームとリヤサスを
取り外すのにジャマになるサイドカ
バーとサイレンサーを外しておきま
す。

左側は、リヤサスのナットを緩める
ためにサイドカバーとヒューズボッ
クスを外します。

ロッドのスナップリングも外してお
きます。

ロッドは今後も外すことが少ないと
思うので、ついでに綺麗に掃除して
おきます。

ロッドのベアリングとオイルシール
も新品に交換です。

最初は、ジャッキでクランクケースを
持上げて作業しようと思ったのですが
、バイクが安定しないので、より安全
な作業ができるようにチェーンブロッ
クで吊ることにしました。

写真上が今回取付けるA12用リヤサ
スです。

写真下が今回取付けるリンクアーム
です。

リンクアームを取外したところです。
後は、ロッドとサスを外すだけです。

ロッドもサスも外れました。

バラシの手順と逆に組上げて完成で
す。
後は、グリスニップルからモリブデ
ングリスを給脂して交換作業は終了
です。

交換したリンクアームとサスのアッ
プ画像です。