本文へジャンプ
イメージ  最近は地えびねに興味を持っています。
 しかしながら40年前の山中にはえびねは
 沢山ありました。
 でも、静岡の山中には、今は皆無と言っても
 過言ではないかと思っています。
 後は、交配種に期待をしていますが…

 植物はみなそれぞれに少しでも手を加えて
 くれますと、花の季節がやってくると
 それなりに花を咲かせてくれます。

 えびねや山野草も春を「私の出番だ!」
 とばかりにまだ硬いツボミを
 持ち上げてきてくれます。

 下側の一輪が咲くまでには長い日数が
 かかります。 
 まだかまだかと待ちわびて
 特に始めての花が咲いてくれたときの
 感動と喜びは、何事にも替えがたいです。

 その為に、環境作り、肥料、消毒のこと、
 水やりの調整、植替、等と忙しい日が続きます。

最近つくづく思うのは、家族の健康第一だということです。
女房も健康で、そして私も大好きなえびねの栽培ができることが一番です。
えびねの花にはロマンがあり、それが若さを保って長寿になる秘訣ではないかと思っていますが、如何でしょうか。
イメージ