「ま」

「蒔かぬ種は生えぬ」⇒教訓217

「負け惜しみ」⇒ 教訓 15

「負け惜しみの減らず口」⇒教訓 15

「馬子にも衣装」⇒教訓 26

「待つ身は長い」⇒教訓 15・⇒教訓109

「待てば海路の日和あり」⇒教訓 58  ⇒ 教訓104


    
「み」

「ミイラ取りがミイラになる」 ⇒ 教訓  3

「見かけばかりの空大名」⇒ 教訓 23

「身から出た錆」⇒教訓222

「見猿聞か猿言わ猿」⇒教訓135

「水の低きに就く如し」⇒ 教訓67

「水は低きに流る」
教訓67

「三つ子の魂百まで」⇒教訓238

「満つれば欠く」⇒教訓 2

「見ぬうちが花」⇒教訓 13

「見ぬが花」⇒ 教訓 13

「実る稲田は頭垂る」⇒教訓 24

「実るほど頭の下がる稲穂かな」⇒教訓 24

「見目より心」⇒教訓 28


    
「む」

「昔は今の鏡」⇒ 教訓176

「娘三人持てば身代潰す」⇒ コトワザこぼれ話(6)

「娘の子は強盗八人」⇒ コトワザこぼれ話(6)

「娘を見るより母を見よ」⇒教訓238


    
「め」

「冥土の道は王もなし」⇒教訓 49

「目糞鼻糞を笑う」⇒教訓223

「目には目を、歯には歯を」 ⇒ 教訓224

「目は口ほどにものをいい」⇒教訓206

「目は心の鏡」⇒教訓 28・⇒教訓206

「面従腹背」⇒教訓 23

「めんどり歌えば家亡ぶ」 ⇒ コトワザこぼれ話(6)

「めんどり歌えば国滅ぶ」 ⇒ コトワザこぼれ話(6)


    
「も」

「本木に勝る末木(うらき)なし」 ⇒ 教訓 67

「元の木阿弥」⇒ 教訓48

「求めよ、さらば与えられん」⇒教訓 92

「物言えば唇寒し」 ⇒ 教訓198

「物には時節」⇒教訓112

物は言いよう」 教訓99

「貰うものは夏でも小袖」⇒教訓 73

     HOMEへ