忠告について教える


教訓 203. 忠告は与え方が難しいから、つつしめ。


Ill counsel mars all.《悪い助言はすべてを台なしにする》


 さて、言葉の使い方を慎重にするようにすすめるコトワザの最後には、忠告についての教えがあります。まず、コトワザは、人に忠告を与えることの難しさをいいます。下手な忠告のために、相手が不幸になる場合もあるからです。その意味で、人は忠告を与える側に立つより、与えられる側にいる方が安全なのです。

(a) It is safer to hear and take counsel than to give it.《助言は与えるより聞いている方が安全》
(b) Give neither counsel nor salt till you are asked for it.《忠告と塩は求められるまで与えるな》


教訓 204. 忠告は耳に痛いが、役立つものである。


A good medicine sometimes tastes bitter.「良薬は口に苦し」
 = Good medicine tastes bitter to the mouth.


 一方、忠告を受ける側の問題としては、忠告を聞き入れ、それにしたがうことはなかなか難しいということがあります。忠告を求めた場合はまだしも、求めないのに一方的に相手から与えられるのは、いっそう受け入れるのが困難なのです。

(a) It is as hard to follow good advice as to give it.《助言を与えるのも難しいが、聞き入れるのも難しい》「忠言耳に逆らう」

 しかし、忠告というものは、与えられる本人にはその必要性の自覚がないのですが、与えた人にはその必要があると思われたからこそ与えたのです。その意味では、必要なときに無視されるのが、忠告の宿命なのかもしれません。

(b) Advice when most needed is least heeded.《助言は最も必要なときに最も無視される》

 しかし、忠告は耳に痛いものほど、将来役に立つものです。見出しのコトワザのように、「良薬口に苦し」です。とくに、老人の忠告は有益なものが多いと、次のコトワザはいいます。

(c) If you wish good advice, consult an old man.《良い忠告が欲しければ老人に相談せよ》


教訓 205. 最善の忠告は自分で自分に与えるもの。


The best advice is found on the pillow.《最も良い助言は枕の上に見つかる》


 そしてコトワザは最後に、最善の忠告は他人からの忠告ではなく、自分で自分に与える忠告であり、そのためには枕の上で一晩じっくり考えろといいます。

(a) The night is mother of counsel.《夜は助言を生みだす母である》

 かつて中国北宋の文人政治家欧陽修は、文章の想を練るための最善の場所として「三上」すなわち「馬上・枕上・厠上」を挙げましたが、英語のコトワザも考え事を行う場所として、同じ枕の上を勧めているのは興味深い一致ではありませんか。

                               本文のトップに戻る