知恵と学問について教える


教訓 185. 知恵は集めて利用すべし。


Two heads are better than one.《一つの頭より二つの頭の方がまさっている》「三人寄れば文殊の知恵」
 = Two heads are better than one, even if the one's a sheep's.《一つの頭より二つの頭の方がまさっている、たとえ一つが羊の頭であっても。》


 知恵は、実生活で大いに利用すべきです。そのためには、一人の知恵より二人の知恵を集めた方がよいのです。「三人寄れば文殊の知恵」です。

(a) Four (or Two) eyes see more than two (or one).《四つ(二つ)の目の方が二つ(一つ)よりよく見える》

 また、経験の浅い若輩者は、経験の深い知恵者を利用しなければ損です。愚者も賢者の知恵を利用すれば、賢者以上にものを見ることができるのです。

(b) A dwarf on a giant's shoulder sees the farther of the two.《巨人に乗ったこびとの方が巨人より遠くまで見える》


教訓 186. 学問に王道はない。


There is no royal road to learning.《学問に王道はない》


 知識・技能へ至る道には舗装道路は用意されていず、その習得は決して容易ではありません。しかし、物事を段階を経て順序正しく学べば、必ず成功するものです。功をあせるあまり、歩く段階を飛び越えて、一挙に走ろうとすると、失敗します。

(a) Learn to walk before you run.《走る前に歩くことを習え》 別掲 → 教訓100 近道よりも回り道を。
(b) Soon learnt, soon forgotten.《すぐに覚えたことはすぐに忘れる》「早合点の早忘れ」
          別掲 → 教訓98 あせらずゆっくりが成功への道。

                              本文のトップに戻る