経験と学問のいずれが大切かを教える


教訓 183. 学問より経験の方が重い。


An ounce of mother wit is worth a pound of learning.《1オンスの母の知恵は1ポンドの学識に匹敵する》


 コトワザには、学問より経験の効用を説くものの方が多いようです。それは、イギリスが経験主義哲学の伝統国であるという事情にもよるでしょうが、そもそもコトワザは、机上の学問より実地の経験を重んじるからでしょう。mother wit 《母の知恵》とは「父祖伝来の知恵」のことで、この方が、当然、学問より価値があることになります。

(a) An ounce of common sense is worth a pound of theory.《1オンスの常識は1ポンドの学説に匹敵する》

伝統的知恵や常識は、実践に裏付けられた知識であり、単なる机上の空論ではありません。それゆえ、凡百の学説よりまさるのです。

(b) Experience without learning is better than learning without experience.《学問なき経験は経験なき学問にまさる》

 経験が知識と違っているのは、自分の肌で痛みを経て入手した知恵であるという点です。痛みを通して得た知識は、終生忘れることはありません。

(c) Only the wearer knows where the shoe pinches.《靴のどの場所が痛むのかは、履いているものしかわからない》

これは、苦労は他人にはわからない、という意味でも用います。

 辛い経験をすると、人はだれでも用心深くなり、「羮(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」ものです。二度とそんな経験をしたくないからです。

(d) A (or The) burnt child dreads the fire.《やけどした子供は火を恐れる》「羮に懲りて膾を吹く」
(e) Once bitten, twice shy.《一度噛まれると二度目には憶病になる》
(f) Failure teaches success. 「失敗は成功のもと」
          別掲 ⇒ 教訓 62


教訓 184. 経験より学問の方がまさる。


Experience is the teacher of fools.《経験は愚か者の教師である》


 しかし、いくら経験が大切であるといっても、経験には限界があることも否定できません。例えば、人はあらゆることを自分で経験することはできないし、経験がすぐに知恵に結びつくともかぎりません。

(a) Send a fool to France, and he'll come back a fool.《愚者をフランスへやっても、愚者のまま帰ってくる》
(b) Travel makes a wise man better, but a fool worse.《旅は賢者をさらに賢くし、愚者をさらに愚かにする》

 また、経験には失敗がつきものです。失敗の多い経験を経なくても、知識は学問によって知ることもできます。その意味では、見出しのコトワザがいうように、経験は愚者の知恵になることがあります。そして、賢者は経験せずに学びます。経験せずに学ぶのが学問であるともいえます。

(c) Wise men learn by other men's mistakes; fools by their own.《賢者は他人の過ちから学び、愚者は自分の過ちから学ぶ》
(d) It is easy to be wise after the event.《ことが終わった後で賢くなるのはだれにでも簡単だ》「下衆の後知恵」

 このように、経験のもつ限界を指摘するコトワザがいくつかありますが、だからといってそれらは経験を放棄せよといっているのではありません。経験のもつ欠陥を補正し、知恵を獲得するためのいっそう正しい方法を模索しているものと解釈すべきでしょう。

                                 本文のトップに戻る