若者の未経験について教える


教訓 178. 若年は未熟である。


You cannot put old heads on young shoulders.《若者の肩に老人の頭を乗せることはできない》


 経験が年齢とともに増えるとすれば、若年は未熟で未経験ということになります。見出しのコトワザのいうように、若者には老人の知恵は期待できないのです。老人と若者の意見が合わないのは当然です。

(a) Youth and age will never agree. 《若者と老人は決して意見が合わない》

 そして、若者も老人をあまり利口だとは考えていないようですが、経験と知恵にかけては若者は老人の敵ではないようです。

(b) Young men think old men fools, and old men know young men to be so.《若者は老人が馬鹿だと推測するしかないが、老人は若者が馬鹿であることを経験で知っている》


教訓 179. 若者は羽目を外すものである。


The young will sow their wild oats.《若者は野生の裸麦を蒔くものだ》


 日本のコトワザは若者の未熟を「若気の至り」「若気の無分別」といいます。いずれの国にあっても、若者は奔放で無鉄砲なものです。未経験なればこそ道楽もします。そのようなことは、知恵がついた後で改めればいいと、コトワザはいいます。

(a) Youth must have its fling.《若者は羽目を外さないと承知しない》
          別掲 → 教訓236 若い男には若い男の特性がある。
 = Youth will have its course (or swing).《若者は思うままに行動したがるもの》
(b) Youth will be served.《若いときはもてるもの》


教訓 180. 腕白少年の方が立派に成長するもの。


Playful (or Wanton) kittens make sober cats.《いたずら子猫も真面目な親猫になる》


 しかし、羽目を外す腕白小僧も、長ずれば一人前の大人になるのです。

(a) Naughty boys sometimes make good men.《いたずらっ子が立派な大人になることがある》

 逆に、幼少のころ模範生であったものが、大人になると堕落する例も多いのです。未熟な若者の信仰心は当てにならないし、早熟的知恵はすぐ駄目になるといいます。

(b) Young saint, old devil.《若聖人の老悪魔》
(c) A man at five may be a fool at fifteen.《5歳で大人並みの子は15歳では愚か者》「十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人」
          別掲 → 教訓68 極端は悪である。
          別掲 → 教訓98 あせらずゆっくりが勝利への道。

                           本文のトップに戻る