人の上に立つことをすすめる


教訓 145. 大集団の下っ端より小集団の長がよい。


Better be the head of a dog than the tail of a lion. 《ライオンの尻尾になるより、犬の頭になった方がよい》「鶏口となるも牛後となるなかれ」


 大きな集団の中で指導される立場でいるよりは、たとえ小さな集団でも指導する立場の者になった方がよいというのが、見出しのコトワザの意味ですが、この種の類義コトワザは次のように数多くあります。

(a) Better be the head of a pike than the tail of a sturgeon.《チョウザメの尻尾になるよりは、カマスの頭になる方がよい》
(b) Better be the head of an ass than the tail of a dragon.《龍の尻尾でいるよりはロバの頭になる方がよい》
(c) Better be the head of a dog than the tail of a horse.《馬の尻尾になるよりは犬の頭になる方がよい》
(d) Better be the head of the yeomanry (or yeoman) than the tail of the gentry.《貴族の下っ端より、義勇農騎兵団の長になった方がよい》
(e) Better be a cock for a day than a hen for a year.《一年メンドリでいるよりは、一日でもオンドリでいた方がまし》
(f) Better be first in the village than second at Rome.《ローマで二番でいるよりは、村で一番でいる方がよい》

                                  本文のトップに戻る