人生について教える


教訓 55. 人間はみな平等である。


The sun shines upon all alike.《太陽は万人を平等に照らす》


 人はそれぞれ地位、財産、才能などの違いがあり、そのかぎりでは平等ではないかもしれません。しかしこの世に生を受け、その生を維持していくという点では、身分の区別はなく、みな同じ権利をもっているはずです。ちょうど死が偉大な平等主義者であるのと同じように、生も偉大な平等主義者でなければならないのです。それは、動物も人間と同じです。

(a) We are all Adam's children.《われわれはみなアダムの子供である》
(b) A cat may look at a king.[Mother Goose]《猫だって王様を見てよい》
(c) The balance distinguishes not between gold and lead.《天びんは金も鉛も区別しない》


教訓 56. 人生には楽しみもあり、苦しみもある。


Life is not all beer and skittles.《人生は遊びごとだけではない》


 そして、人生は楽しいものです。若者だけではありません。年輩者にとってもそれは同じです。

(a) Life is sweet.《人生は甘美である》
(b) Life begins at forty.《人生は40歳から始まる》 
           別掲 → 教訓177 年齢は知恵である。

 しかし人生にあるものは、見出しのコトワザのいうように、楽しい遊びだけではありません。嫌な苦労もしなければならないし、多くの不愉快な目にも堪えなければなりません。

(c) Long life has long misery.《長生きすると苦労も多い》「命長ければ恥じ多し」
(d) You have to eat a peck of dirt before you die.《死ぬまでに多くの泥を食べなければならない》(多くの侮辱に耐えなければならない)


教訓 57. 人生の苦楽をありのまま受け入れよ。


Take the bitter with the sweet.《苦いものは甘いものと一緒に受け取れ》


 人生に楽しい一面も、苦しい一面もあるとすれば、人はその一面だけでなく、両面をありのままに受け入れなければなりません。次のものも、見出しと類義のコトワザです。

(a) Take the rough with the smooth.《荒いものは滑らかなものと一緒に受け取れ》
(b) Take the sweet with the sour.《甘いものは酸いものと一緒に受け取れ》
(c) You have to take the good with the bad.《良いものは悪いものと一緒に受け取らねばならない》
(d) Take things as you find them.《物事はあるがままに受け入れよ》
          別掲 → 教訓 何ごとにも順応して生きよ。
 = Take things as they come.

 また、人生の勝負は時の運です。成功もあれば失敗もあります。

(e) You win some, you lose some.《勝つ場合があれば、負ける場合もある》
(f) You can't win 'em all.《どんな勝負もみんな勝てるわけではない》

 だから、自分だけ勝とうと思ってはならず、相手を勝たせて自分が負けることも必要です。世の中は持ちつ持たれつです。

(g) Live and let live.《自分も生き、人も生かせ》「世の中は相持ち」

 そして、自分の身に不運が降りかかっても、人生はこのようなものと諦め、我慢することも大事なことです。

(h) That's the way the ball bounces.《それがボールの跳ね方だ》(人生はそういうものだ)
(i) That's the way the cookie crumbles.《それがクッキーの砕け方だ》

                                本文のトップに戻る