外見と中身の不一致について教える

 さて今度は、対象領域を少し広げて、美を含む外見一般について、コトワザがどのようにいっているかを見てみましょう。まず気づくことは、多くのコトワザが外見と中身を対立させ、中身と外見が一致しないことに注意を促していることです。そして「外見が中身をつくる」とするものと「中身が外見をつくる」とするものとは、互いに対義コトワザをなしているということです。


教訓  21. 外見と中身は必ずしも一致しない。


Things are seldom what they seem.《見かけ通りのものはめったにない》


 外見と中身について教えるコトワザの周辺には、外見と中身との不一致やアンバランスを指摘するものがいくつかあります。次のコトワザも、多くの事物が見かけ通りではないことをいいます。

(a) Black cows give white milk.《黒い牛が白いミルクを出す》
(b) A black hen lays a white egg.《黒いメンドリが白い卵を生む》
(c) Barking dogs seldom bite.《吠える犬はめったに噛まない》「吠える犬は噛みつかぬ」
          別 掲 → 教訓263 憶病ゆえの威嚇は怖くない。
(d) All are not maidens that wear bare hair.《帽子をかぶらないものが必ずしも未婚女性ではない》

17世紀には、帽子をかぶらないのが未婚女性の流行であったといいます。

(e) The nearer the church, the farther from God.《教会に近いほど神から遠くなる》(教会関係者には真の信仰心に欠けるものが多い)


教訓 22. 見えない中身には用心せよ。


Take heed of the snake in the grass.《草の中にいる蛇に用心せよ》


 中身が隠され、目に見えないところには、危険があるから用心しなければなりません。見出しのコトワザは、とくに裏切りものには用心せよという意味です。次の類義コトワザがあります。

(a) There are wheels within wheels.[Ezekiel]《車輪の中に車輪がある》(裏に黒幕やカラクリがある)
(b) Flatterers look like friends, as wolves like dogs.《狼が犬に見えるように、おべっか野郎は友達に見える》
(c) The bait hides the hook.《餌は釣り針を隠している》

 目に見えないものは危険だという考えは、買い物にも当てはまります。次のコトワザは商品の中身と外見の違いに注意を促し、買い物には用心せよといいます。

(d) Let the buyer beware.《買い物をするものは用心を心がけよ》
(e)Never buy a pig in a poke.《袋に入った豚は買うな》(現物を見ずにものを買うな)


教訓  23. 外見がよくても中身は悪い。


All is not gold that glitters.《光るもの必ずしも金ならず》


 表面が立派に見えても、中身は必ずしもよくはありません。人は見かけによらぬもので、外見にごまかされてはいけません。この種の類義コトワザも、多くあります。

(a) Straight trees have crooked roots.《真っすぐな木にはねじれた根がある》「人と屏風は直ぐには立たず」
(b) Full of courtesy, full of craft.《礼儀いっぱい、企みいっぱい》「巧言令色鮮し仁」
(c) There are many fair things full false.《美しいもので虚偽に満ちたものが多くある》
(d) Many kiss the hand they wish to cut off.《多くの人が斬り落としてやりたい思う相手の手にキスをする》「面従腹背」
(e) Empty vessels make the most sound.《空の容器が一番大きな音を立てる》
          別掲 → 教訓212 おしゃべり人間は仕事をしない。
(f) They brag most who can do least.《一番仕事のできないものが一番ほらを吹く》
          別掲 → 教訓212 おしゃべり人間は仕事をしない。
(g) Bees that have honey in their mouths have stings in their tails.《口に蜜をもつハチは尾に針をもつ》「口に密あり、腹に剣あり」


教訓  24. 外見が悪くても中身は立派。


All are not thieves that dogs bark at.《犬の吠える相手がみんな泥棒とはかぎらない》


 その反対に、このコトワザは、一見胡散臭そうに見えても、必ずしも悪人とはかぎらないといっています。次のコトワザも、外側は小さな目立たないものでも、中身は立派で、貴重なものである場合が多いといいます。

(a) Good things come in small packages.《高価なものは包みが小さい》
(b) There is no wheat without chaff.《もみ殻のない小麦はない》

要するに、真価は目立たないものに隠されているということです。次のコトワザも、謙譲の美徳をいいます。

(c) The boughs that bear most hang lowest.《一番実のなっている枝が一番低く垂れる》「実る稲田は頭垂る」「実るほど頭の下がる稲穂かな」


教訓 25. 外見で判断するな。


Don't judge a book by its cover.《本の中身を装丁で判断するな》


 見かけは人を惑わし、当てにならないから、何ものも外見だけで判断してはなりません。そこで、次のような類義コトワザが多くあります。

(a) Appearances are deceptive.《見かけは当てにならない》「人は見かけによらぬもの」
(b) Never judge by appearances.《見かけで判断するな》
(c) Men are not to be measured by inches.《人の値打ちは背丈では計れない》
(d) None can guess the jewel by the casket.《宝石の価値は箱では当てられない》
(e) You cannot know the wine by the barrel.《ぶどう酒の良しあしは樽ではわからない》
(f) Do not look upon the vessel but upon that which it contains.《器でなく、器の中身を見よ》
(g) Choose not a wife by the eye only.《妻は目だけで選んではならない》
(h) Choose a wife by your ear rather than by your eye.《妻は目でなく耳で選べ》(世間の評判を聞け)
          別掲 → 教訓253 恋は盲目である。
(i) Choose a wife on a Saturday rather than on a Sunday.《妻を選ぶなら日曜でなく土曜にせよ》(日曜は着飾っているから)
(j) Catch not at the shadow and lose the substance.《影をつかんで実体を逃すな》(本末を転倒するな)

                           本文のトップに戻る