第1章 ものの見方

1 二項対立の論理

 物事の二面性について教える


教訓  1. ものには矛盾する二面がある。


There is no rose without a thorn.「バラにトゲあり」


 日本語のコトワザにも、「泥棒にも三分の道理」や「外面如菩薩内心如夜叉」のように、あるものの中には相互に矛盾・対立する二つの側面が存在することを指摘するものがありますが、英語のコトワザにもそのようなものが多くあります。日常生活では、人はともすればものの中に一面しか見ないものですから、このような見方に対してコトワザは、洋の東西を問わず、アンティテーゼを提出したくなるのでしょう。見出しのコトワザも、バラという美しい花には、トゲという危険なものがあることに注意を促しています。次のものも、そのような二面性に注意を引くコトワザです。

(a) Every medal has two sides.《メダルにはみな裏と表がある》
(b) There is another side to the picture.《絵には裏がある》
(c) There are two sides to every question.《どんな問題にも二つの立場がある》
(d) There is no garden without weeds.《雑草の生えない庭はない》
(e) Fair face, foul heart.《美しい顔に汚い心》「外面如菩薩内心如夜叉」
          別掲 → 教訓17 美は短命で、醜と隣り合わせ。
 = Fair without, foul within.《外面は美しいが、内面は醜い》
(f) The peacock has fair feathers, but foul feet.《クジャクの羽は美しいが、足は汚い》
          別掲 → 教訓17 美は短命で、醜と隣り合わせ。
(g) No great loss but some small profit.《どんな大きな損害にも少しは利益がある》
(h) Every law has a loophole.《どんな法律にも抜け穴がある》
(i) There is no rule without some exception.《例外のない規則はない》
= Every rule has its exception.
(j) The exception proves the rule.《例外が規則のあることを証明する》

ちなみに、(i) は「例外のない規則がある」ことも認めます。「例外のない規則はない」も一つの規則ですから、この規則自体に例外が当然予想されるからです。

 続いてコトワザは、次のように、その二面を偏見のない目で公平に見よといいます。「盾の両面を見よ」です。すると、悪いと思われているものでもそれほど悪くないことに気づきます。

(k) Look on both sides of the shield.「盾の両面を見よ」
(l) Nothing is so bad in which there is not something of good.《良い点が少しもないほど悪いものはない》
(m) The devil is not so black as he is painted.《悪魔は絵に描かれているほど黒くはない》
(n) Give the devil his due.《悪魔でも認めるべき点は認めてやれ》
(o) Give credit where credit is due.《功績があれば当然認めてやれ》

 だから、賢者にも愚者の一面がなければならないといいます。

(p) He is not a wise man who cannot play the fool on occasion.《時には愚者の真似のできないのは賢者ではない》

 これらのコトワザの教えは、物事は両面を公平に眺め正しく評価すれば、どんな完全に思われるものにも必ず欠点があることがわかるし、どんなに悪い人にも少しは良い点があることが知られるということです。だから、長所と短所をそれぞれ正しく評価しなければならないということになります。


教訓  2. ものには対立する相手がある。


Every flow must have its ebb.《満ち潮には引き潮がつきもの》「満つれば欠く 」


 どのようなものにも矛盾する両面があるという考え方はさらに、すべてのものにはそれと対立する別の相手があるという見方を生み出します。幸には不幸、運には不運、善には悪、正には邪というように、すべてのものには対立物があります。この見方を自然現象に当てはめれば、次のようなコトワザになります。

(a) After a storm comes a calm.《嵐の後には凪がくる》「雨降って地固まる」
          別掲 → 教訓58 不幸の後には幸福が来る。
(b) After a calm comes a storm.《凪の後には嵐が来る》「嵐の前の静けさ」
          別掲 → 教訓63 人はいつ不幸になるかわからない。

 世の中の現象を単独のものとしてではなく、何ごとも相手があっての出来事として眺めるならば、苦労だけするものがいる一方で、労せずして利を得るものもいる事実に気づきます。すると、努力とその成果は必ずしも一致しないという、次のようなコトワザが生まれてきます。

(c) One man sows and another reaps.《一人が種を蒔いて、もう一人が刈り取る》
(d) One beats the bush, and another catches the birds.《一人が薮をたたいて追い出すと、もう一人が鳥を捕らえる》

 さらにまた、人は幸福の中にあるとしばしば不幸を忘れるものですが、日本語のコトワザが「苦あれば楽あり」とか「楽あれば苦あり」と説くように、英語のコトワザも苦と楽、または喜びと悲しみは相伴うものであることを教えます。

(e) There is no pleasure without pain.《苦しみを伴わない楽しみはない》「楽あれば苦あり」
(f) Joy and sorrow are next door neighbors.《喜びと悲しみは隣同士》

 自然に対しては人工があり、神に対しては人間があります。前者が後者よりすぐれているのはいうまでもありません。

(g) God made the country, and man made the town.《神は田園をつくり、人は都市をつくった》


教訓  3. ものは正反対のものに変化する。 


No news is good news.「便りのないのはよい便り」


 相反する二つのものをその極端な形において並べてみるコトワザがあります。これらのコトワザは二つのものの両極を比較することによって、両者が正反対のものであるにもかかわらず根底では同じものであるということ、そしてやがてはその正反対のものに転化するということを指摘しています。例えば、日本のコトワザの「慇懃無礼」のように、謙虚さも度をすぎると傲慢になるというのが、それにあたります。見出しのコトワザもその一例で、知人や友人からの音信不通は、普通は心配の種ですが、それが見事に裏を返して、元気の証拠とされているのです。次のコトワザも、すべて反対物に転化しています。
(a) Too far east is west.《東へ行きすぎると西になる》
(b) Corruption of the best becomes the worst.《最良のものが腐敗すると最悪になる》
(c) From the sublime to the ridiculous is but a step.[Napoleon Bonaparte]《崇高から滑稽まではほんの紙一重》
(d)Fair is foul, and foul is fair.[Shakespeare] 《きれいは汚い、汚いはきれい》 ⇒ 教訓 3
(e)Offense is the best defense.「攻撃は最善の防御」 ⇒ 教訓 3
(f) Extremes meet.《両極は相通じる》

 同じものでもおかれた場所が異なると、恵みにもなるし災いにもなります。食べ物もそれを食べる人が違えば、薬にもなるし毒にもなります。

(g) Water is a boon in the desert, but the drowning man curses it.《水は砂漠では恵みだが、溺れるものには呪いだ》
(h) One man's meat (or gravy) is another man's poison.《ある人の食べ物はほかの人の毒になる》「甲の薬は乙の毒」 
          別掲 → 教訓20 人の好みも主観的である。

 この考えを対人関係におよぼしますと、例えば弁論の術でも極端に走ると、たとえ本人の意図は善意に満ちていても、結果的には悪く解釈される恐れがあるという、次のようなコトワザが生まれます。

(i) He who excuses himself accuses himself.《言いわけをする者は、自らを罪に陥れる》
(j) He who denies all confesses all.《みんな否定したら、みんな白状したのと同じ》
(k) He that talks much of his happiness, summons grief.《自分の幸福を吹聴する者は悲しみを招く》

これらはいずれも、あまりに自己弁護や自己主張が強すぎると、かえって逆効果を招き、良くない結果をもたらすことを教えています。

 次の例も、本人の意図とは反対の結果になる例です。

(l) He who goes against the fashion is himself its slave.[Logan Pearsall Smith]《流行に逆らうものも流行の奴隷である》

流行の奴隷にだけはなりたくないと思い、流行に反逆するものは、実は流行にこだわりすぎ、逆に流行の奴隷になってしまうということを言っているのです。

 また、勉強ばかりしているとかえって頭が悪くなるという、よく知られた次のようなコトワザもあります。

(m) All work and no play makes Jack a dull boy.《勉強ばかりで遊ばないと子供は馬鹿になる》「よく学び、よく遊べ」

 そのほか、cruel kindness《残酷な親切》、open secret《公然の秘密》などの矛盾語法(オキシモロン)を用いた慣用句がありますが、コトワザにもこれに似た二律背反(ジレンマ)または逆説(パラドックス)を含むものが、次のようにあります。

(n) Make haste slowly.《ゆっくり急げ》「急がば回れ」
          別掲 → 教訓98 あせらずゆっくりが勝利への道。

(m) The child is father of the man.[William Wordsworth]《子供は大人の父である》
          別掲 → 教訓238 親から受け継いだ性質は変わらない。

                    本文のトップに戻る