Q 突然のメールで失礼します。大学の宿題で出された問題なのですが、

Even weariest river winds somewhere safe to sea.

という諺の日本語訳を教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。


A この文章はイギリスの詩人Swinburnの詩「プロセルピナの庭」からの引用です。

その文章の含まれた1節は、次のようです。 

“The Garden of Proserpine”

From too much love of living,
From hope and fear set free,
We thank with brief thanksgiving
Whatever gods may be
That no life lives for ever;
That dead men rise up never;
That even the weariest river
Winds somewhere safe to sea
.


アンダーラインの箇所を直訳すれば、

「どんな退屈な川でも何とか無事に海へたどり着くもの」

ということになります。裏の意味はお考え下さい。

Q&A トップページへ