「李下に冠を正さず」に相当する英語のことわざは?


 「李下(りか)に冠を正さず」は「瓜田に履(くつ)を納(い)れず」と同じです。前者はスモモの木の下で冠を直そうとして頭へ手をやると、スモモを取ったと誤解されるし、後者はウリ畑で靴ひもの手入れなどすすると、ウリを盗んだと誤解される。いずれも、他人に疑われるような行為は慎みなさい、という教えです。英語にも次のようなコトワザがあります

(a) Caesar's wife must be above suspicion.《シーザーの妻は疑われるようなことをしてはならない》
(b) He that will do no ill, must do nothing that belongs thereto.《悪事をなすまいと思うものはそれに類することをしてはいけない》