Q The noisy wheel gets the oil.の意味は?

ある高校の英語教科書に次のことわざがありました。

The noisy wheel gets the oil.

これは「目立ちたがり屋が成功する」くらいの意味だと思うのですが、gets the oilの考え方がわかりません。教えていただけたら幸いです。

なお、このアメリカのことわざに対して、日本人の子供たちは

The nail that sticks up gets beaten down.

と教えられるとありました。


A 《きしむ車輪は油を差してもらえる》という意味です。

これは

The squeaking wheel gets the oil (or grease).

と同じことわざで、《きしむ車輪は油を差してもらえる》という意味です。《油を差してもらえる》とは、「要求を聞き入れてもらえる」という意味で、おっしゃるように、「目立ちたがり屋が成功する」ということです。これは本ホームページ「英語ことわざ教訓事典」のなかの「教訓196」に載せてあります。

次に、

The nail that sticks up gets beaten (or hammered) down.《突き出た釘は打ち付けられる》

は普通のことわざ辞書には載っていませんが、おそらく日本のことわざ「出る杭は打たれる」の英訳でしょう。

いずれにしても、前者が自己主張を奨励し、後者がそれを抑制するという、ちょうど反対の意味ですから、英米人と日本人の考え方の違いがでていて面白いと思います。

                    Q&A トップページへ