Q 「寝れば一畳、起きれば半畳」は英語ではどういいますか?


「起きて半畳、寝て一畳」ともいいます。「大辞林」の解説によれば、このことわざの意味は「人間一人が必要な広さは、半畳か一畳である。富貴を望まず、満足を知ることが大切であるということ」とあります。
つまり、「足を知るは富む」と同じ意味のことわざです。

 本ホームページには、次のことわざを載せてあります。

A contented mind is a perpetual feast.《満足は永遠のご馳走である》 教訓 71
He is rich that has few wants.《欲しいものが少ないものこそ、豊かである》 教訓 94

そのほか次のことわざがあります。

He is not rich that possesses much, but he that is content with what he has,《多くを持つものは豊かでない。持てるものに満足しているものこそ豊かである。》
He is rich enough who wants nothing.《欲しがらないものはそれだけで豊かである》

                    Q&A トップページへ