中学生へ英語の個人指導は、どのようにすればよいか?

 中学生に英語を教えることになったのですが、使える英語という観点から、その指導法について教えていただけませんか。


徹底的な反復練習が、一番有効だと思います。

 私は中学校での経験はありませんから、自信をもっていえるわけではありませんが、近所の中学生の何人かは、個人的に面倒を見たことがあります。

 その経験から申し上げるのですが、参考になるかどうか、ともかく私の考えを申し上げます。

 教材は、学校の教科書一冊に絞りました。テキストが多すぎては虻蜂とらずになって、絶対、効果が上がりません。それは、中学も高校と同じだと思います。テキスト一冊主義は、私の信条です。

 低学年の中学生では、音読を徹底的にやりました。まず、私が読み、リピートさせます。何十回となく繰り返していると、テキストを見ずに言えるようになります。リピート機能付きのテープを使用しても構いません。

 それができたら、次は日本語を与え、それをすぐに英語に口頭で直させます。それを繰り返していると、全部を暗唱できるようになります。そうすると、文章の一部を言い換えても、正しく言えるようになります。それが応用力です。

 高学年になると、この応用力が大切です。文法は最小限に説明しました。頭で覚えさせるより、体で覚えさせることが大切だと思います。その意味で、語学はスポーツと同じだと思います。

 後は、単語の綴りです。これは、家での宿題です。毎時間テストをしてチェックします。

 英語はくり返しですから、毎時間、第一章から始めます。第五章に進んでも第一章から復習します。

 進度は、学校よりも倍の早さで進みました。学校のテストの時は、それに合わせてまた復習します。教科書は、最後までいったら、また最初に戻ってやります。

 教科書だけで、公立高校入試は、ほぼ百パーセントできます。しかし、私立高校ではそうはいかないのは、ご存じの通りです。そこで、残りの一、二割は、問題集などで補います。ただ、このことは教科書が完璧にできてから、始めることです。

 私の教え方は、これだけでした。学校ではみんなよい成績をおさめました。学校でやる英語のスピーチコンテストや、暗唱大会には、ほとんど全員が代表に選ばれました。1人は地区大会で優勝しました。

 私の経験では、生徒は1人よりも二、三人いた方が効果が上がりました。競争をするからでしょう。

 長くなりましたが、以上が私のやった方法です。では、ご健闘を祈ります。

                       Q&A トップページへ