Q 「大学を卒業して、ある貿易会社にはいった。」という文章を

(a)After graduation from university, I entered a trading company.

と英訳した友人がいましたが、私は次のほうがいいのではないかと言いました。

(b) After graduated from university, I joined a trading company.

どちらが正しいと思われますか。


A どちらの英文も間違いではありませんが、何が最適かというと、次のように問題点が二つあります。

(1)「〜を卒業して」あるいは「〜を卒業後」を副詞句で次のように表現するとします。

(a). after graduating from 〜(最も普通の表現) 1,950,000(web site のヒット数)

(b). after graduation from 〜(やや硬い表現)   176,000(〃)

(c). after graduated from (かなり硬い表現)   37,000(〃)

この場合、(a)の表現がいちばん多く用いられ、(c)はそれほど多くないようです。その理由として考えられることは、次のようです。

(a)および(b)を節で書きかえれば、それぞれ‘after he graduated from〜’となりますが、

(c) after graduated from は省略を補うと‘after he was graduated from〜’となります。

つまり、「彼は卒業した」に相当する英語は、
(a)(b)は‘He graduated.’であるのに、(c)は‘He was graduated.’と、受身形になっています。後者の受け身表現は文語的な言い方で、会話体では使用頻度が少ないのです。したがって、前半は

(d) After graduating from university,・・・とするのがいいと思います。


(2)「会社に入る」「入社する」には


(a) の‘join a company

も,

(b)の‘enter a company

もありますが、一般に
(a) が用いられます。company の原義は「仲間」ですから、「入社する」は「仲間に加わって一緒に働く」というイメージが強いので、joinと結びつくのが自然のようです。

(b)enter a company

はそれだけ切り離して考えると、「会社へちょっと用があって入る」という場合のイメージとも重なるため、あまり使われないようです。ジーニアス英和辞典ではenter a companyはイギリスでは古い言い方としていますし、知り合いのNativeははっきり間違いだと言いました。

その他では、
be employed by〜も使えます。

いっぽう「学校(高校、大学など)へ入る」には

enter a school (high school, college etc.)

が正用法として認められています。したがって後半は

(e) I joined a trading company. がよいと思います。

したがって、全体の文章としては

(f) After graduating from university, I joined a trading company.

とするのがいいでしょう。

                    Q&A トップページへ