「魚腹に葬らる」の由来は?

 「魚腹に葬らる」の由来について教えてください。


意味は「水死する」で、出典は中国の屈原の「漁父辞」です。

 「魚腹(ぎょふく)に葬らる」とは、魚の餌になることで、転じて水死することを言います。

 出典は、楚の詩人・政治家屈原(おおよそ紀元前343〜278)の「楚辞」の中の「漁父辞」です。以下に記します。

  (省略)寧ろ湘流に赴いて
  江魚の腹中に葬らるるも、
  いずくんぞよく晧晧の白きを以って
  世俗の塵埃を蒙らんや(省略)

                      Q&A トップページへ