Q.こんにちは。英語のことわざについて質問があります。
「良い意味と悪い意味の二つの意味を含むことわざ」について調べています。貴ホームページを拝見させて頂きましたが、なかなか当てはまるものを見つけられませんでした。お手数をおかけしますが、「良い意味と悪い意味の二つの意味を含むことわざ」を教えて頂けないでしょうか?


A.よい意味とか悪い意味とかいうことわざはないと思います。ことわざはすべて何らかの教訓をもっていますが、教訓にはよい意味も悪い意味もありません。二つの意味を持ったことわざはあります。例えば、
A rolling stone gathers no moss.「転石苔を生ぜず」 
は@「石の上にも三年」(イギリス)、A「流れる水は腐らず」(アメリカ)という反対の意味を持ったことわざです。
 前者は一つのことを辛抱強く行うことを勧めるが、後者は何事も活動的に行うことを勧めています。
 また、ことわざは情況依存の言葉ですから、情況によって意味が違ってきます。例えば、
A (or The) burnt child dreads the fire.《やけどした子供は火を恐れる》「羮に懲りて膾を吹く」
は、臆病風に吹かれた人を揶揄したり非難したりする場面で使うこともあるし、また経験から学び慎重になった人を褒める場合にも使われるでしょう。以上、ご参考になるでしょうか。

Q&A トップページへ