The way to a man's heart is through his stomach. はどういう意味か。?

 始めまして。英語のことわざについてインターネットで検索していたら、こちらへ辿り着きました。新しいホームページなのですね。

 さて、突然のメールで大変申し訳ないのですが、上記のことわざの日本語訳がどうしても分からないのです。もしよろしければ、お答えをいただけると幸いです。


相手の気持ちをつかむには、ご馳走してやるのが一番有効、という意味です。

 このコトワザも、教訓155に載せてあります。「メニュー」の検索欄のTを引くと、

 The way to a man's heart is through his stomach.《人の心をつかむ道は胃袋から》⇒教訓155

としてあります。本文で教訓155の載っているページを見ると、次のような記述があります。

 教訓 155. パンは生きるために一番大切なもの。
 Bread is the staff of life.《パンは命の糧》

 パンは、命を支える一番大切なものです。食べ物がなくなると人は争いを起こしますが、食べ物があれば心はなごむものです。相手の愛情を得るのも、胃袋からです。

 (a) A hungry man is an angry man. 《空腹人間は怒りっぽい》
 (b) Spread the table, and contention will cease.《食卓を広げれば争いはやむ》
 (c) The way to a man's heart is through his stomach.《人の心をつかむ道は胃袋から》

 意味はお分かりですね。相手の愛情を得る道は、言葉で口説くより、ご馳走をおごるのがよい、というものです。

 早く検索の方法になれて、このHPを末永く可愛がってやって下さい。

                      
Q&A トップページへ