教訓 262. 憶病者は弱音を吐く。


Cowards die many times before their deaths.[Shakespeare]《憶病者は本当に死ぬ前に何度も死ぬ》


 この言葉はシェークスピアの「ジュリアス・シーザー」の中に出てくるものですが、シーザーが死の危険を予言されている当日の朝、外出を止める妻に対していった言葉です。シーザーは続けて次の言葉を残し、あえて元老院に登院して、凶刃に倒れました。

(a) The valiant never taste of death but once. [Shakespeare]《勇者は一度しか死なない》

 これら二つを合わせた同時代の類義コトワザとして、次のものもあります。

(b) A coward dies many deaths, a brave man but one.《憶病者は何度でも死ぬが、勇者は一度しか死なない》

                       本文のトップに戻る