教訓 250. 自己を律することのできるものは幸せ。


He that is master of himself, will soon be master of others.《おのれを制するものは、やがて人を制する》「人に勝たんと欲する者は、必ず先ず自ら勝つ」


 見出しのコトワザには、次のような類義コトワザがあります。

(a) He is not fit to command (or govern) others that cannot command (or govern) himself.《自らを支配できない者は人を支配するに適しない》
 = He that would govern others, first should be the master of himself.《人を支配しようとする者はまず自らを支配しなければならぬ》「人に勝たんと欲する者は、必ず先ず自ら勝つ」

 そして、他人に頼らず、自立できるようになった人間は、おのれ自身を律するすべを学ばなければなりません。つまり、自分の不徳を罰し、欠点を克服する力を身につけなければならないのです。おのれを律するものは、人をも制することができるのです。

(b) Happy is he that chastens himself.《己を罰することのできる人は幸せである》

                              本文のトップに戻る