教訓 223. 人を非難・攻撃するな。


Those who live in glass houses should never throw stones.《ガラスの家に住むものは石を投げてはいけない》


 さて、これだけ多くの因果応報のコトワザを見てくると、因果応報は人間にとって宿命のように思えてきますが、決してそうではありません。これらのコトワザは将来の災いを防ぐために、現在の言動に気をつけろという戒めの意味をもっているのです。見出しのコトワザは、さらに明快に、そのような報いを受けないために、まず他人を非難攻撃することをやめよと説いています。とくに、ガラスの家のような弱い家に住むものは、いっそう自戒しなければなりません。他人を攻撃すれば直ちに報復され、ガラスの家は一瞬にして破片となって飛び散ります。人を裁いてはいけないというのは、自分が裁かれないためなのです。

(a) Cast not the first stone.[John]《最初に石を投げるな》
(b) Judge not, that ye be not judged.[Bible:Matthew7-1,7-2]《他人を裁くな、自分が裁かれないために》[聖書:マタイ伝7−1,7−2]
(c) Know your own faults before blaming others for theirs.《他人の欠点を責める前に自分の欠点を知れ》

 また、おのれの力不足を知るものは、過剰防衛のあまり、他人に対してこけ脅しや空威張りに走りやすいのですが、それも避けなければなりません。非力が暴露されたとき、かえってひどい目に遭うからです。

(d) If you cannot bite never show your teeth.《噛みつく勇気がなければ、歯をむくな》
(e) Never make threats you cannot carry out.《実行できないような脅しはするな》

 コトワザがそのようなことをいましめるのは、とかく人間は自分を棚に上げて他人を非難したがるものであるし、また非難しようと思えば、いくらでも非難するための口実を見つけだすことができるからです。

(f) The pot calls (or called) the kettle black.《ナベがヤカンを黒いという》「目糞鼻糞を笑う」「五十歩百歩」「猿の尻笑い」
(g) A stick is quickly found to beat a dog with.《犬をたたく棒はすぐに見つかる》

 それだけに、人は他人を非難することを慎まなければなりません。

                      本文のトップに戻る