教訓 222. 悪い言動には悪い報いがある。


Who spits against heaven (or the wind), it falls in his face.《天(風)に向かって唾する者は顔に唾を受ける》「因果応報」


 コトワザで圧倒的に多いのは、他人に悪いことをすれば悪い報いを受けるというものです。日本のコトワザにも「自業自得」「身から出た錆」「人を呪わば穴二つ」などの類義コトワザがいくつかあります。殺すものは殺される、他人に暴力をふるえば自分も暴力をふるわれる、他人へ悪意や怒りは自分に返る、人を酷評すれば自分も酷評される、などなどです。これらのコトワザの裏には、もちろんそのような行為をするなという意味合いがあります。次に挙げるものは、すべてその種の類義コトワザです。

(a) Harm set, harm get.《災いを仕掛けるものは災いに遭う》
(b) Evil be to him who evil thinks.《邪悪な考えをもつものに災いあれ》
(c) Shame take him that shame thinks.《他人に恥をかかせようとするものは恥をかくがいい》
(d) He that hurts another hurts himself.《他人を傷つけるものは己を傷つけることになる》
(e) He that mischief hatches mischief catches.《危害を企てるものは危害を身に受ける》
(f) With what measures ye mete, it shall be measured to you again.[Matthew7-2]《他人に与える処罰は自分にも与えられるであろう》[聖書:マタイ伝7−2]「自業自得」「人を呪わば 穴二つ」
(g) He who says what he likes shall hear what he does not like.《好きなことをいえば嫌なことを聞かされる》
(h) Eavesdroppers (or Listeners) never hear any good of themselves.《立ち聞きすると自分のよい噂は決して聞かないもの》
(i) He who peeps through a hole may see what will vex him.《穴から覗くものは腹立たしいことを見ることになる》
(j) The biter is sometimes bit.《だますものはときにだまされる》
(k) One shrewd turn follows another.《意地悪な仕打ちをすれば意地悪な仕打ちを受ける》
(l) Curses, like chickens, come home to roost.《呪いはひな鳥のようにねぐらへもどってくる》
(m) Curses return upon the heads of those that curse.《呪いは呪うものの頭上にもどってくる》
(n) All they that take the sword shall perish with the sword. [Bible:Matthew26-52] 《すべて剣を取るものは剣にて滅ぶ》[聖書:マタイ伝26−52]「因果応報」「自業自得」
 = He who lives by the sword dies by the sword.
(o) Live by the sword, die by the sword.《剣で生きれば剣で死ぬ》
(p) Blood will have blood.《血は血を呼ぶ》
(q) Anger punishes itself.《怒りは自らを罰する》
(r) Malice hurts itself most.《悪意は自らを最も罰する》
(s) He that sows thistles shall reap prickles.《アザミを蒔く者は刺を収穫することになる》
(t) The deed comes back upon the doer.《行為は行為者に戻る》
(u) The arrow shot upright falls on the shooter's head.《真上に向けて射た矢は射手の頭に突き刺さる》
(v) Sow the wind and reap the whirlwind.[Hosea]《風を蒔いてつむじ風を刈り取れ》(悪事を働けば何倍もの罰を受けることになろう)
  = They that sow the wind shall reap the whirlwind.

                      本文のトップに戻る