教訓 217. 原因のない結果はない。


Nothing comes of nothing.《無からは何も生じない》「蒔かぬ種は生えぬ」


 すべてのものには原因があります。無から有は生じません。何も貢献しなければ、何も得ることはできないのです。見出しのコトワザは、そのような意味で用います。

 また、病気にもすべて原因があります。その原因を知ることが、病気の治療になるのです。

(a) A disease known is half cured.《病気がわかれば半分治ったも同然》「病を知れば癒ゆるに近し」
          別掲 → 教訓172 知識は力である。
 = To know the disease is half the cure.

 原因があるから結果が生じるということは、結果があれば必ず原因があるということです。人の噂には、いい加減なものが多いのですが、まったく事実無根というのも少ないのです。噂にはそれなりの原因があるのです。そして、人が疑問に思うことには、必ず理由があるものです。

(b) Where there's smoke, there's fire.《煙のあるところには火がある》「火の無い所に煙は立たぬ」
 = There is no smoke without fire.
  = No smoke without fire.
(c) Where bees are, there is honey.《蜜蜂のいるところに蜜あり》
          別掲 → 教訓 41  部分から全体がわかる。
(d) Every why has a wherefore.《すべての疑問には理由がある》

                       本文のトップに戻る