教訓 201. 悪い噂を流せば、相手は致命傷を受ける。


Give a dog bad name and hang him.《犬に悪名を着せて縛り首にせよ》


 その上、噂は伝わるうちに、尾ひれがついて大げさになり、事実からほど遠い作り話に変わっていくものです。それに、一度広まった噂は、取り消すことはなかなかできません。そこで、当人の信用は一挙に失墜します。見出しのコトワザは、悪い噂を流せば、相手は立ち上がれないほど傷つくというものです。

(a) A tale never loses in the telling.《話は伝わるうちにだんだん大げさになるもの》
(b) Give a lie twenty-four hours' start, and you can never overtake it.《嘘を24時間前に広めれば、とても追いつけない》
(c) A lie well stuck to is as good as the truth.《嘘も上手につけば真実と同じ》
(d) A good name is sooner lost than won.《名声は得るに難く、失うに易し》「百日の説法屁一つ」

 悪い噂は命取りになります。噂の恐ろしい力を知っているものは、故意に噂を流して敵をやっつける戦術をとります。次のコトワザも、有ること無いことを言いふらせば、相手の名誉を失墜させ、致命傷を与えることができるといいます。

(e) Fling (or Throw) dirt enough and some will stick.《泥でもたくさん投げれば、少しはくっつくもの》(悪い噂を何度も流せば事実として定着する)「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」
          別掲 → 教訓37 大きいものや多いものは有利。

                     本文のトップに戻る