教訓 200. 人の口に戸は立てられない。


Who chatters to you, will chatter of you.《人のことを話してくれるものは君のことも人に話すものだ》


 噂が伝わるのは、早いものです。とくに悪い噂はたちまち広がります。止めようとしても、だれにも止めることはできません。「人の口には戸が立てられず」です。

(a) Bad news travels fast.《悪い知らせは早く伝わる》「悪事千里を走る」
 = Ill news comes too soon.
(b) Anyone can start a rumor, but none can stop one.《だれでも噂を流すことはできるが、噂を止めることはできない》「人の口には戸が立てられぬ」
(c) A lie is halfway round the world before the truth has got its boots on.《真実が靴を履いて出かける前に嘘は世界の半分を回っている》

 人は生きているかぎり、うわさ話を止めないものです。

(d) Dead men tell no tales.「死人に口なし」

 このコトワザは、秘密を知った相手が死んではじめて、人は安心できるということを言っているのです。

 噂が怖いのは、聞き耳を立てその噂をかぎつけた人は、今度はそれを他人に言いふらすからです。見出しのコトワザのいうように、とくに他人の噂を伝えてくれる人や、あなたのことを根ほり葉ほり聞きたがる人には、気をつけなければなりません。その人はあなたの噂を次の人へと伝えるからです。

(e) The dog that fetches, will carry.《ものを取ってくる犬はまた持っていく》
 = The dog that will fetch a bone will carry a bone
          別掲 → 教訓235 自分の弱点や秘密は他人に漏らすな。
(f) Avoid a questioner, for he is also a tattler.《聞きたがり屋を避けよ、彼は告げ口屋だから》
          別掲 → 教訓235 自分の弱点や秘密は他人に漏らすな。

                       本文のトップに戻る