教訓 196. 心の中は率直に表現すべし。


Call a spade a spade.《鋤は鋤と呼べ》「歯に衣(きぬ)着せるな」


 人は言葉で飾ったり、護摩化したりしますが、ありのままを率直に語ることが大切です。

(a) Don't beat about the bush.《薮のまわりを叩いて獲物を駆り立てるな》(遠回しにいうな)

 ものを率直にいえば、相手も好感をもちますから、たいていのことなら聞き入れられるものです。要求や不満があれば、出してみることです。

(b) The squeaking wheel gets the grease (or oil).《きしむ車輪は油をさしてもらえる》

                       本文のトップに戻る