教訓 177. 年齢は知恵である。


Years know more than books.《年齢は書物より多くを知る》「亀の甲より年の功」


 経験が知恵を与えるとすれば、当然、若いものより年齢を重ねたものの方がすぐれていることになります。したがって、老人を欺こうとしても無理だし、老人にものを教えようとするのは「釈迦に説法」と同じです。

(a) They (or those) that live longest (will) see most.《もっとも長生きするものがもっとも多く見る》
(b) Age and experience teach wisdom.《年齢と経験が知恵を与える》「亀の甲より年の功」
(c) You cannot catch old birds with chaff.《年取った鳥はもみ殻では捕らえられない》
(d) Don't teach your grandmother to suck eggs.《祖母に卵の吸い方を教えるな》「釈迦に説法」
(e) Don’t teach fishes to swim.《魚に水練を教えるな》「河童に水練」

 次のコトワザは、本当に充実した人生は中年を過ぎてから始まると教えます。

(f) Life begins at forty.《人生は40歳から始まる》(人生の楽しさは中年から)
          別掲 → 教訓56 人生には楽しみもあり、苦しみもある。

40歳ごろには、人生を自分の思い通りに生きる経験や才覚が備わっているはずです。

 また、歳を取ることが分別を意味することを知るものは、自分の賢さを年齢で言い表そうとします。

(g) I was not born yesterday.《昨日生まれたわけでない》(そんなことは百も承知だ)

                               本文のトップに戻る