教訓 172. 知識は力である。


A wise man never wants a weapon.《賢者は武器に不足しない》


 しかし、この社会で生きていくかぎり、知識は無用の長物どころか、競争を生き抜くための必要欠くべからざるものです。愚者には知識という武器がありませんが、賢者にはそれがあります。そこで、コトワザは知識が大きな力であることを認めないわけにはいきません。

(a) Knowledge is power.《知識は力である》
(b) Wisdom is better than strength (or force).《知恵は力にまさる》

 そして、人間は世の中のさまざまなことを知れば知るほど、自分がいかにものを知らないかに気づきます。自分の無知や愚行を知るのは、賢者の証拠です。

(c) It is a great point of wisdom to find out one's own folly.《自分の愚行を知るのは知恵の利点である》
(d) The less wit a man has, the less he knows that he wants it.《知恵が少ないものほど、おのれの知恵の不足に気づかない》

 病気についても、知識は不可欠です。病気の原因を知らずに、病気を直すことはできません。病気の原因を知るのは、治療の第一歩です。

(e) A disease known is half cured.《病気がわかれば半分治ったも同然》「病を知れば癒ゆるに近し」
          別掲 → 教訓217 原因のない結果はない。
= To know the disease is half the cure.

 また、他人の犯した悪や過失についても、そうせざるを得なかった背後の事情を知るにつれて、許す気持ちが生じるものです。

(f) To know all is to forgive all.《すべてを知ることはすべてを許すことになる》

 知識を得る過程には目に見えない苦しみがありますが、しかし一度知識を手に入れてしまえば、人はその果実のもたらす醍醐味を永久に享受することができるのです。

(g) Knowledge has bitter roots but sweet fruits.《知識の根は苦いが、その実は甘い》
(h) Give a man a fish and you feed him for a day; show him how to catch fish and you feed him for a lifetime.《魚を一匹やれば1日食いつなぐが、魚の取り方を教えてやれば一生食いはぐれることはない》


                         本文のトップに戻る