教訓 156. 生計のよりどころを大切にせよ。


Don't bite the hand that feeds you.《自分を食べさせてくれる人の手を噛むな》


 自分が依拠している生活の基盤、つまり生計の道は、大切に扱わなければなりません。それは、相手への恩義に報いる道でもあります。

(a) Don't quarrel with your bread and butter.《飯の種とは言い争うな》
(b) Don't cut the bough you are standing on.《自分を支えている枝を切るな》
(c) Everyone speaks well of the bridge which carries him over.《だれでも自分が渡る橋をほめる》(世話になった人の悪口は言わないし、言ってはならない)
  = Let every man praise the bridge he goes over.
(c) Know which side one's bread is buttered on.《パンのどちら側にバターが塗ってあるかを知れ》(金銭の援助をしてくれる人を大切にせよ)

                              本文のトップに戻る