教訓 154. 金銭は心身の健康を保証するもの。


An empty sack cannot stand upright.《空の袋はまっすぐには立たない》


 確かに、金銭は諸悪の元凶ではありますが、だからといって金銭が無用であるということはできません。それどころか、暮らしのためには金銭は不可欠なものです。「恒産無き者は恒心無し」 というように、人間は貧乏が長く続くと、肉体も病み、精神も不安定になるものです。

 結婚生活にあっては、とくに物質的基盤が大切です。貧乏神が来るとお互いの愛情にさえヒビが入ります。だから、生活の目途がつかないうちに結婚してはなりません。

(a) When the wolf comes in at the door, love creeps flies out of the window.《狼が戸口から入ると、愛情は窓から逃げ出す》「金の切れ目が縁の切れ目」
  = When poverty comes in at the door, love flies out of the window.
(b) First thrive and then wive.《まず商売がうまくいってから女房をもらえ》

 健全な精神や豊かな愛情など、人間の精神的な活動は、物質的なものが前提となって可能となります。金があれば心は軽くなり、金がなければ心は重くなると、次のコトワザは教えます。

(c) A heavy purse makes a light heart.《財布が重いと、心は軽くなる》
= A light purse makes a heavy heart.《財布が軽いと、心は重くなる》

 その上、窮地に陥ったものは、恥も外聞もありません、何にでもすがろうとします。溺れるようなことには、なりたくないものです。

(d) A drowning man will catch at a straw.《溺れるものはわらをもつかむ》
          別掲 → 教訓127 避難場所を選んでいる余裕はない。

 だから、法に触れないかぎりどんな手段を用いてでも、できるだけ稼ぎ、生活の基盤を築けというのが、コトワザの知恵です。

(e) Catch as catch can.《できるだけ取れ》

                      本文のトップに戻る