教訓 128. 同じもの同士は自然に集まるもの。


Birds of a feather flock together.《同じ羽の鳥は群をなす》「類は友を呼ぶ」


 性格、気質、趣味などを同じくするものは、自然に寄り合います。よい上司にはよい部下が集まり、悪い上司には悪い部下が群がります。また、志を同じくするものも相つどいます。政治家は、同じ目的をもつもの同士が党や派閥に結集します。

(a) Like will to like.《似たもの同志が集まる》
(b) Like attracts like.《似たものは似たものを引き寄せる》「同気相求む」
(c) Every Jack has (or must have) his Jill.《どんなジャックにもジルがいる》「割れ鍋に綴じ蓋」
(d) Politics makes strange bedfellows.《政治は奇妙な同衾者を仕立てる》

(d)は、気心の知れないものでも、目的が同じだと仲間になることを皮肉ったコトワザです。

 日本のコトワザでは、すぐれた主人にすぐれた部下がいると、「この主人にしてこの家来あり」といい、だらしない主人にだらしない部下ができると「主が主なら家来も家来」といいます。しかし英語のコトワザの場合は、同じような組み合わせを評して、よい意味にも悪い意味にも使うようです。

(e) Like master, like man.《主人と部下は似たもの》「この主人にしてこの家来あり」「主人が主人なら家来も家来」

                       本文のトップに戻る