教訓 127. 避難場所を選んでいる余裕はない。


Any port in a storm.《嵐のときはどんな港でもよい》
          別掲 → 教訓74 不十分でも無いよりはまし。


 そして、逃げ出す先の避難場所はどこでもよいのです。絶体絶命の土壇場では、贅沢はいっていられません。わらにでもすがってよいから、身の安全を図ることです。自己保存が最優先です。

(a) A drowning man will catch at a straw.《溺れるものはわらをもつかむ》
          別掲 → 教訓154 金銭は心身の健康を保証するもの。
(b) Self-preservation is the first law of nature.《自己保存が自然の第一法則》

(b) のコトワザは、利己的行動の軽口の言い訳として、よく用いられます。

                              本文のトップに戻る