教訓 125. 逃げ道を多くし、危険を分散せよ。


Don't put all your eggs in one basket.《卵を全部一つのかごに入れるな》


 危険には出会わないのが最善ですが、しかし出会わない保証はないのです。だから次善の方法は、危険に出会った場合にその被害を最小にするための工夫をしておくことです。それには、見出しのコトワザのように、被害を受けそうなものを分散しておくことや、次のコトワザのように、逃げ道を多くしておくことが大切です。

(a) The mouse that has but one hole is quickly taken.《逃げ穴が一つしかないネズミはすぐにつかまる》

 また、安全を図るためには、必需品は予備を蓄えておくことが大切です。古いものでも、代わりのものが新しく見つかるまでは、捨ててはいけません。

(b) Don't pour out the dirty water before you have clean.《きれいな水が手に入らないうちに、汚い水を捨てるな》
 = Don't throw out the dirty water until you have get in fresh
          別掲 → 教訓65 ぬか喜びをするな。

                       本文のトップに戻る