教訓 109. 時間の経過は相対的である。


Pleasant hours flay fast.《楽しい時はすぐに過ぎ去る》


 時間は同じ早さで過ぎていきますが、しかしその中で生きる人間にとっては、時間の経過は決して同じではありません。楽しい時間はすぐに過ぎ去りますが、苦しい時間はなかなか過ぎ去らないし、待ち望む時間もなかなかやって来ません。このような時間の相対性に、コトワザは早くから気づいています。

(a) A watched pan (or pot) never boils.《見つめるナベは煮え立たない》「待つ身は長い」
          教訓15 将来の期待はなかなか実現しない。
(b) For the busy man time passes quickly.《忙しい人には時間が早く過ぎ去る》

 退屈な長旅も、道連れがあると案外時間が早く過ぎ、短く感じられます。遠い道のりでも、下手に近道をして危険を招くよりは、道連れをつくって時間のたつのを忘れた方がよい、というのがコトワザの知恵です。

(c) Good company on the road is the shortest cut.《楽しい道連れのあるのが一番の近道》「旅は道連れ」
(d) A merry companion is a wagon in the way.《陽気な道連れは道中の馬車》「旅は道連れ」

                      本文のトップに戻る