教訓 97. しりぞくのも勇気のうち。


One must draw back in order to leap better.[Montaigne]《よく飛ぶためには、まず後ろへ引け》


 しかし、成功のためには、必ずしも勇敢に振る舞うだけがよいわけではありません。行動を起こす前には、周到な準備や情勢判断が必要です。そして、先ず考えることです。

(a) Look before you leap.《飛ぶ前に見よ》「転ばぬ先の杖」 
           別掲 → 教訓121 危険に近づかないのが一番安全。

(b) Think first and speak afterwards.《まず考えてから、後で話せ》
 また、行動するに当たっては、目的の正しさや成功の見通しがなければならず、その確信のもてないことは避けなければなりません。

(c) When in doubt, leave out.《疑わしきときは取り上げるな》
  = When in doubt, do nowt.

 その意味では、真の勇気とは、無鉄砲な勇気ではなく、慎重さと思慮に富んだ勇気でなければならないのです。

(d) Discretion is the better part of valor.《思慮分別が勇気の大部分》

 だから、戦いの場合は、戦局不利となれば逃げるのも勇気の一つです。それは一見憶病に見えますが、実は勇気ある選択なのです。敗れて全滅するよりは、逃げて再起を図る方がはるかに賢明な戦術です。見出しのコトワザおよび次のコトワザは、そのことを説いているのです。

(e) He that (or who) fights and runs away may live to fight another day.《戦って逃げるものは、生きてまた戦うこともある》「三十六計逃げるに如かず」
(f) One pair of heels is often worth two pairs of hands.《一人の踵は二人の手に値する》「逃げるが勝ち」
(g) Better bend (or bow) than break.《曲がる方が折れるよりまし》「柳の枝に雪折れはなし」「柔よく剛を制す」
          別掲 → 教訓77 何ごとにも順応して生きよ。

 真の勇気は硬直した蛮勇からは遠く、むしろ憶病に近いのかもしれません。

(h) Many would be cowards if they had courage enough.《十分に勇気があれば、多くのものは憶病者になるだろう》

 そして、一見勇者に思えるものが、実は逃げる勇気もない憶病者である場合があるのです。

(i) Some have been thought brave because they were afraid to run away.《逃げる勇気がなかったから勇敢だと見なされたものもいる》

                       本文のトップに戻る