教訓 63. 人はいつ不幸になるかわからない。


All good things come to an end.《どんなよいことにも終わりがある》
          別掲 → 教訓10 よいものは去っていく。


 さて、人生を二面性においてとらえるコトワザは、一方では前述のような楽観的態度をすすめるコトワザを生みますが、同時に当然のことながら、他方ではあまりの楽観は禁物であるとして慎重をすすめるコトワザをも生み出します。現在いかに幸せな境遇にあったとしても、運は不運と隣り合わせだから、いつ不幸が訪れるかもしれません。幸福や快楽は、決して長続きしないものです。そして、幸福の後には不幸や苦痛が来ます。「驕れる者久しからず」が世の常です。ここに取り上げるコトワザは、すべてそのようなものです。

(a) The best of friends must part.《どんなに仲のよい友達でも別れるもの》「会うは別れの始め」
          別掲 → 教訓10 よいものは去っていく。
(b) After pleasure comes pain.《喜びの後には苦しみがくる》「楽あれば苦あり」
(c) After a calm comes a storm.《凪の後には嵐が来る》「嵐の前の静けさ」(つかの間の不気味な静けさに用心せよ)
          別掲 → 教訓 2 ものには対立する相手がある。
(d) If you sing before breakfast, you will cry before night.《朝食前に歌えば、夜の来ないうちに泣くことになる》
 = Sing before breakfast, cry before night.
(e) The pitcher goes so often to the well that it is broken at last.《水差しは何度も井戸へ運ばれ、ついには壊れてしまう》(調子に乗りすぎると長く続いた成功もついには失敗する)「驕れる者久しからず」
  = The pitcher goes to the well once too often.《水差しは何度も井戸へ運ばれすぎる》
          別掲 → 教訓230 才能の誇示や高慢は失脚をもたらす。

 また、規則正しく平穏な生活を営み、不幸とは縁遠く思われる人にとっても、災いや事故はいつ何時起こるかもしれません。

(f) Accidents will happen in the best-regulated families.《どんな規則正しい家庭にでも事故は起こるもの》
 = Accidents will happen.《事故は起こるもの》
(g) If anything can go wrong, it will.《災いの起こりそうな場合はきっと起こるもの》
(h) Today you, tomorrow me.《今日は貴方、明日は私》「今日は人の身、明日は我が身」
 = Today for me tomorrow for thee.
           別掲 → 教訓47 世の中のものはすべて変化する。

                        本文のトップに戻る