教訓 54. 神は努力する人間を助ける。


Heaven helps those who help themselves.「天は自ら助くるものを助く」
 = God helps them who help themselves.
          別掲 → 教訓106 苦難を越えて栄光をつかめ。


 たしかに、運命の神は気まぐれな一面があります。何をしても失敗続きのとき、人は神に見放されたと思うかもしれませんが、しかし落胆は無用です。神は、努力を放棄して神頼みをする人間は助けてくれないでしょうが、自ら努力する人間は必ず助けてくれる、というのが見出しのコトワザの主張です。

(a) Do the likeliest, and God will do the best.《最もふさわしいことをすれば、神も最善をつくしてくれる》「人事を尽くして天命を待つ」

 もし神の助けを得ることができず、神が不在のように見えるなら、自分で神を見いだす努力をせよといいます。

(b) If God did not exist, it would be necessary to invent Him.《神が実在しなければ、神をつくり出さなくてはならない》

 努力のすえ、神の加護を得ることができたということは、自分の努力が幸運を呼び込んだということになります。その意味で、自分の運命は自分で切り開くものであると、コトワザは教えます。

(c) Diligence is the mother of success (or good luck).「勤勉は成功(幸運)の母」「稼ぐに追い付く貧乏無し」
(d) Every man is the architect of his own fortune.《だれもが自分の運命の設計者である》
          別掲 → 教訓249 自分のことは自分で行え。
(e) Life is what you make it.《人生は自分でつくるもの》
          別掲 → 教訓249 自分のことは自分で行え。

 次のコトワザの知恵も、中国起源の「人事を尽くして天命を待つ」に似ていて、人間は努力の後は天の配剤を信じ、運を天に任せよということです。

(f) The mills of God grind slowly.[George Herbert]《神の水車はゆっくりと粉をひく》「天網恢々(かいかい)粗(そ)にして漏らさず」
(g) Man proposes; God disposes.《計画は人にあり、決裁は神にあり》

 これらのコトワザの意味することは、長い目で見れば神の裁きは公正であり、勤勉に努力するものには神は恩恵を授けるということです。

                                  本文のトップに戻る